まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
田中憲男

患者とじっくり向き合う矯正歯科医

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3632-6777

コラム

歯列矯正したくても歯が動かない!その時の対応とは?⓵

2018年4月9日

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

ブログランキングがんばってます!

みなさまの熱い応援で順位も定位置までもどってきました

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします

歯列矯正ランキング
歯列矯正ランキング

平昌オリンピックもいよいよ終盤ですね!
日本は羽生選手の金メダルに熱狂した感がありましたが、
本当に偉大なメダリストですね

心から尊敬します

また、今回の大会は日本チームのメダル獲得数が多かったそうです
競技ももう少し残っていますので、まだまだ上乗せが期待できます

ちなみに、日本のメダル獲得数の順位が11位ということで
いったい、何か国中11位なのかきになりました

参加国の数が95か国
1つでもメダルを獲得している国が25か国

そのうち日本が11位でした

日本がんばっていますね

私の方はというと
人間ドックでの健康診断のあと、
別の日に改めて
大腸ポリープの日帰り手術を受けてきました

手術のために、肉や野菜類の食事制限があり
毎日3食うどんの生活と
手術前後の禁酒のおかげで
ウエストが推定2センチ
体重が3キロ程度やせました

手術の前後も普段とかわりなく、診療をおこなっているのですが、
術後に肛門から出血があるので、女性用の生理用ナプキンのようなものを
パンツ中に敷いての診療でしたので、

パンツ中が蒸れてしまい、少しだけ生理中の女性の気持ちが理解できました(笑)

施術してくれた先生も母校昭和大学の先生だったこともあり、
普通の人ならばしっかりと点滴で眠らせてしまうところですが

僕の場合は内視鏡で大腸の中を観察させてもらい、
自分自身でポリープも確認して切除する工程も観察できました

いつも外科手術に同席しているせいか
自分のお腹の中にもかかわらずミョーに冷静に判断できました

おそらく、肉眼的にはポリープは良性だと思いますが
念のため、病理組織検査にだしてもらいました

土曜日の現在も禁酒は継続しており、
あいかわらず肉類は×
野菜類は野菜ジュースでの栄養摂取です

今日も1日大変な数の診療がありますが、
肛門に力をこめてがんばります!

さて、

さっそく本日のテーマですが、
(矯正したくても、歯がうごかない場合があるです)
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

歯列矯正したくても歯が動かない!その時の対応とは?⓶

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

ブログランキングがんばってます!

みなさまの熱い応援で順位も定位置までもどってきました

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします

歯列矯正ランキング
歯列矯正ランキング

東京歯科保険医新聞にショッキングな記事がありました



要約すると、学校歯科医が子供たちの歯科検診をした際に

口の中が崩壊している児童の割合に地域差があったとのことでした

そんなことは当たり前のことだと思いませんか?

例えば、小学校の基礎学力にしても地域差があります

また、最近話題になった話としては

中央区銀座の公立小学校がアルマーニの制服を採用とか

普通公立小学校って、制服などないですし

何万円もする制服を購入するなんて

一般庶民からすれば、大変な出費だと思います

これも1つの地域差ですね

アルマーニの制服は大変ですけど

お子様の虫歯の予防はたいした労力はかかりません

すくなくとも

これだけ、歯科医院過剰時代ですし

公費などの医療費負担も充実している社会ですから

現代において、自分の子供に虫歯を作った責任は

子供ではなく、親の責任です



矯正相談に来られる患者さんの何割かは

歯列矯正治療以前の状況の方もおります

そんな人には、正直に

歯列矯正の前に、もっと重要なことをする必要があると

こんな状況になってしまったのは、両親のせいだと

そう、御両親に正直に伝えると、

反対に逆切れされてしまうことが結構あります

一部の親御さんは、教育機関や医療機関に依存する人が多くいます

【お金払ってるんだから、あんたやりなあ~ みたいな感じです】

あんまりかかわりたくない人種です



こどもの歯列矯正治療は

短くても2年~長い場合は10年とか続きます

本当はすべての人を治してあげたいのですが、

クレーマーなどの人はかかわらないほうが良いですね



さて今日は、

歯列矯正したくても歯が動かない!その時の対応とは?⓶
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

【歯列矯正治療】歯並びを良くしたくても歯が動かない場合もある

みなさまおはようございます。
東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

熊本の地震大変ですね。 僕は大学病院勤務医時代に熊本市内の病院に派遣医として勤務していたことがあります。 また、大親友が熊本県内で開業している縁もあって、47都道府県の中では熊本は親近感の強い県の1つです。今はFACEBOOKがあるので、安否確認が容易になりましたが、御本人が問題なくても親戚や御家族のだれかが怪我にあっていることは否みません。幸い、津波の心配がないのが唯一の救いです。いずれにせよ自分のできる範囲で応援していきたいです。

ブログランキングも好調に推移しております。
最近はトップ3(といっても3位ですが)が定位置となってきました。

やはり、ランキングが上位にいけば行くほど維持も大変ですから、がんばって更新をしていこうと思います。

すぐもどれますので、とりあえず応援のクリックをよろしくお願いします!


歯科医 ブログランキングへ

さて、本日のテーマは

【歯列矯正治療】歯並びを良くしたくても歯が動かない場合もある
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正つづきはこちらから

この記事を書いたプロ

田中憲男

田中憲男(たなかのりお)

田中憲男プロのその他のコンテンツ

Share

田中憲男プロのその他のコンテンツ