マイベストプロ徳島
  1. 気になる「デジタル遺品」の行方②《Googleのアカウント無効化管理ツールの使い方》
岡正伸

家族葬と終活アドバイスのプロ

岡正伸(おかまさのぶ) / 葬儀

家族葬専門 セレモニー心

お電話での
お問い合わせ
0120-388-233

コラム

気になる「デジタル遺品」の行方②《Googleのアカウント無効化管理ツールの使い方》

2020年5月16日

テーマ:終活

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

コラムキーワード: 終活 いつから葬儀マナー

デジタル遺品②

遺族は書類を揃えてGoogleに申請すれば、アカウントの停止や開示の要求ができます

Googleマップ・YouTube・Gmailなど、Googleが提供するサービスは多くの人が利用しています。

ユーザーが死亡した場合、遺族は書類を揃えてGoogleに申請すれば、アカウントの停止や開示の要求ができます。しかし、書類は英文で用意する必要があるので容易ではないでしょう。
Googleには、アカウント無効化管理ツールという機能が用意されています。

Googleを起動→ログイン→「アカウント」をクリック→「個人情報とプライバシー設定」から入ります。

ユーザーが一定期間(3~18カ月の間で指定できる)アカウントを利用していない状態が続いた場合、自分のアカウントを自動的に削除したり、あらかじめ連絡先として登録しておいた人(10人まで登録可能)にメールで通知し、データをダウンロード(3カ月間有効)できる仕組みです。内容はいつでも変更可能でヘルプも充実しています。

徳島での暮らし方の「今」を伝えるWebメデア【お葬式ラボ】

お葬式の準備は、まず《資料請求》から 【詳しくはこちら】

家族葬や海洋散骨など詳しくは、セレモニー心【公式HP】へ

この記事を書いたプロ

岡正伸

家族葬と終活アドバイスのプロ

岡正伸(家族葬専門 セレモニー心)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧