マイベストプロ埼玉
本山nackeyナオト

プロとしての活動実績を持つボイストレーナー

本山nackeyナオト(もとやまなっきぃなおと) / 音楽家

川口音楽スタジオ モンキーダンス

お電話での
お問い合わせ
048-256-2839

コラム

ボーカリスト歌手へ。あなたの咽喉を守ろう!(食材編)

2020年2月21日 公開 / 2020年5月21日更新

テーマ:自己紹介と日常コラム

コラムカテゴリ:スクール

コラムキーワード: ボイストレーニングハーブ 効能風邪 食事

おはようございます!
もとやまです。

前回は動画で除菌スプレーの紹介とかしたけど
今回はそもそもの自己免疫力を高めよう!

がテーマ。

もとやまは大昔から
何かあるとお腹がいたくなるタイプ。

そんな真正下痢症(?)のワタクシからいい情報を!





今年は大根が安定しているよね。


この寒い時期に甘くおいしくなる大根。

厚く輪切りした大根のおでんを食べると、
じんわり全身があたたまる。

たまんないよね。

本山は大の大根ファン!


大根はいいぞ!


消化を助ける働きもあるし
咳やノドの痛みを和らげてくれる効果があるんだ。

さらには、葉を使ったお風呂に入るとすっごく温まって
腰痛とかにも効果あり。

今日は本山おすすめ


飲む大根お茶



入る大根湯

の2つをご紹介しよう!





――――今日のお知らせ――――



”びっくりするほど歌が上手くなる”

オンラインサロンがついに誕生!



今だけ!最初の2週間は無料!!



本山nackeyナオトのヴォーカル塾 ボーカルオンラインサロン
ボーカルサロン


本格的・科学的にでは科学的な発声理論、

正しい歌唱知識と心理学と脳科学に基づいて、

実際に何千人も教えてきて、

実際にメジャーアーティストを輩出している

ボーカルスキルをみにつけよう!



https://cutt.ly/onlinevocal


=================================






「大根」の旬はまさに今!

大根は品種が豊富な野菜のひとつで、
最も出回っている品種は青首大根と呼ばれるもの。

品種改良が進み、通年を通して手に入れる。

ちなみに白くて太い部分は根っこなので、
大根は根菜の部類。

「大きな根をしている」から大根。



青首大根はビタミンCと
消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれている。


脂の乗ったサンマの塩焼きや刺し身盛りに大根が添えられるのは、
口内をさっぱりさせるのはもちろん、
消化酵素の効果を期待してなんだろうね。

かんたんに言うと「お腹いたくならない」んだ!

青首大根は春に収穫する「春大根」と冬に収穫する「冬大根」、
年に2回の旬を迎えるそうだ。

冬大根は甘みがあるのが特徴!!


咳やノドの痛みを和らげる、飲む「大根湯!!」


薬膳の世界では、大根は
「胃を丈夫にする、消化不良や胃痛の改善、咳・ノドの痛みや痰を鎮める」
効果があるとされている。


飲む大根湯はこれらの薬効を利用した民間療法で、
「第一大根湯」と呼ばれているんだ。


こもった熱を発散させる働きがあるため、
熱が出始めの風邪の初期症状や、

咽喉をつかうボーカリスト、歌手や
イガイガ・カラカラの痛みにおすすめ。

胃痛や首・肩のこりにも効果が!!

ぜひ作り方を覚えて!


<材料(1回分)>

大根おろし…大さじ3杯くらい

おろしショウガ…小さじ1杯くらい(モトヤマはチューブを適当に使用)

お好みで昆布茶かはちみつ

<作り方>
全部入れて熱湯で混ぜるだけ!

ポイント
大根おろしがお湯を冷ましてしまうので、
熱々のお湯でね。

熱が高い時は、一度に倍量飲んでもいい感じ。

発汗作用があるので、発熱時は体をあたたかくして、
さらに発汗を促すようにしよう。


大根湯は効能が強いので、1日2回程度にしよう。

ノドの痛みにはおろし汁にはちみつがおすすめ。

あと夜遅くにのむときは大根おろしも食べたり、
胃痛時におろし汁を飲んだりと、

大根はちょっとした不調を和らげる薬効がある。

僕みたいに毎日のように飲む人はホントおすすめしたい。



寒さ厳しい季節のお風呂「大根湯」

季節のお風呂といえば、冬至のゆず湯、

端午の節句の菖蒲(しょうぶ)湯が有名だけど


そのほかにも、その時季になりやすい病を退けるため、
季節に合わせた季節風呂に入る習慣が残っているんだ。

寒さ厳しい2月の季節風呂は、
大根の葉を用いた「大根湯」だってみんな知ってたかな?

乾燥させた大根の葉には、
温泉にも入っている成分である塩化物や硫化イオンが含まれている。

これらがお肌に膜を張って保温効果を高めるため、
大根湯に入ったあとはずっとポカポカで、

湯冷めしにくいといわれてるんだ。


体の芯から冷えるような真冬にぴったりだね。

作り方は、大根の葉を2~10日程度干して、
刻んでお茶パックなどに入れたものをお風呂に入れるだけ。

保温効果を高めたい場合には、

鍋いっぱいの熱湯にお茶パックを入れ、
葉を10分程度煮出したものを、

お茶パックと煮汁ごとお風呂に入れればできあがり。

葉付き大根を買ったらぜひお試しあれ。





大根は冬に活躍する野菜の代表格。

煮ても生でも食べられる使い勝手のよさと、
お手頃価格なのいもいいよね。

もとやまホントおすすめです。

ボーカリストでけではなく
咳・ノドからくる風邪をひきやすい方、

もとやまのようにお腹痛くなりがちの方

胃もたれや胃痛などの胃腸系の不調に悩んでいる方には、

特におすすめの食材。

おいしい冬の間にたくさん食べて、
残った葉で大根湯を試してみて。


たまにはこんな記事もいいでしょ(^^♪


頑張ろうね、

応援しています!

この記事を書いたプロ

本山nackeyナオト

プロとしての活動実績を持つボイストレーナー

本山nackeyナオト(川口音楽スタジオ モンキーダンス)

Share

関連するコラム