まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
金山泰男

塗装で家を守るプロ

金山泰男(かなやまやすお)

株式会社ペイント一番

お電話での
お問い合わせ
0120-47-5171

コラム

カラーベスト縁切り(タスペーサー)

カラーベスト塗装

2015年5月19日

カラーベスト屋根の下塗りに続いて、塗装後の雨漏り防止や屋根の通気性の確保の為の、縁切りの工程を説明したいと思います。
カラーベスト屋根は新築時には、既に工場で一枚一枚塗装されたカラーベストを軒先から棟方向に向かって重ねながら葺いていくので、たとえカラーベストの下に雨水がまわったとしても、重なりの隙間から雨水は排水されます。
下の写真はカラーベストを葺き替えしている写真です。下から順に一枚一枚重ねることで、雨水や湿気は外に抜けていくような構造になっています。

カラーベスト屋根の塗り替え塗装の改修工事では、既に葺きあがったカラーベスト屋根全体を塗料で覆ってしまうため(屋根全体をサランラップで覆い隠す感じ)瓦の下に入った雨水や湿気の逃げ道が無くなり、瓦を止めている釘を伝っての雨漏れや、下地コンパネの腐食の原因にもなります。よくカラーベスト屋根の塗装後の雨漏れを聞くことがありますが、ほぼこの縁切り不足が原因です。
下の図はカラーベストを塗り替え塗装した時のイメージ図です。塗料で重なり部分の隙間がふさがっているのがよくイメージできると思います。

以前はこの隙間を塞いでいる塗料を、カッターや皮すきなどを使用て切っていましたが、カラーベストを破損させたり、塗膜を傷つけたりのトラブルなどもよくありましたが、近年セイム社のタスペーサーという縁切り部材が発売されたことにより、簡単にまた施工の効率よくカラーベストの縁切りが出来るようになりました。
下の図は、従来の縁切りをイメージした図です。上の図の重なり部分の塗料をカッターや皮すきで切っていきます。ただ、図では、切る部分が点のように見えますが、実はカラーベストの幅は約80cm位有る為、塗膜を傷つけたり、カラーベストを破損させるトラブルもよくあり施工効率が非常に悪く、近年では手作業の縁切りはまずすることはなくなりました。

下の写真はセイム社のタスペーサーで縁切りしたイメージ図です。
下塗り塗装後にこのタスペーサーを、カラーベスト一枚に付き左右端から約15cm位のところに一か所づつ差し込むだけで簡単に縁切りが出来ます。下塗り塗装後に施工するため、上塗り塗装の塗膜を傷つけたり、カラーベストを破損させることもほぼなくなりました。

下の写真はカラーベスト屋根にセイム社のタスペーサーを実際の装着個所にセットした写真です。カラーベスト一枚につき2ヵ所装着します。写真の後タスペーサーを奥まで差し込んで装着完了となります。

その他外壁や屋根の塗装事例はこちらからご覧ください
外壁・屋根施工事例

この記事を書いたプロ

金山泰男

金山泰男(かなやまやすお)

金山泰男プロのその他のコンテンツ

Share

金山泰男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-47-5171

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金山泰男

株式会社ペイント一番

担当金山泰男(かなやまやすお)

地図・アクセス

金山泰男プロのその他のコンテンツ