マイベストプロ大阪
奥澤智宏

心理学をベースとした投資アナリスト

奥澤智宏(おくざわともひろ) / 投資アナリスト

大阪FX教室

お電話での
お問い合わせ
06-6152-9900

コラム

投資スキルで得られる矛盾とは?

2022年10月10日

テーマ:投資

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: NISA働き方改革確定拠出年金

矛盾

投資で利益を出せるようになって
妙な現象が生まれることに気付きました。

それは、

「お金が無くても生活できる」

ということです。。

どういう意味??と思った方のために
詳細をお話ししますね。

みなさん、2019年に話題になった

「年金2000万円問題」

が世間を賑わせたことを覚えていますか?

60歳時点で2000万円保有していないと
老後破産しちゃいますよー!という
ぽっといきなりわいてきた衝撃的なニュースです。

この2000万円の具体的な計算方法は
以下のようになります。

夫婦二人の一般的な生活費は月に27万円、
年金受給額が月に21.5万円になるので、
月に5.5万円、生活資金が不足します。

1年に換算すると66万円の不足

もし、90歳まで生きるとしたら

66万円×30年=1980万円

つまり、老後資金が
約2000万円不足するということです。

ここで、もし、あなたが年利30%を稼げる
スキルを身に付けていたらどうでしょうか?

220万円の老後資金を保有していたとして・・・

220万円×0.3(年利30%)=66万円

なんと、その場合、2000万円もの資金は必要なく、
たったの220万円で年金不足分を
補填できちゃうんです。

つまり、お金が無くても
スキルによって、お金の不安から解放されるという
なんとも奇妙な矛盾が発生するのです。

おもしろい現象ですが、
60歳時点で必要なのは2000万円ではなく、
間違いなく投資のスキルということが
分かると思います。

2000万円貯めるよりも、
220万円で稼げるスキルを身に付けた方が良い!!
と思う人は今すぐ投資を勉強しましょう。

この記事を書いたプロ

奥澤智宏

心理学をベースとした投資アナリスト

奥澤智宏(大阪FX教室)

Share

関連するコラム

奥澤智宏プロのコンテンツ