まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
小原悦子

エアライン流で魅力を磨くマナーアップのプロ

小原悦子(おはらえつこ)

ESA人材プロデュース

小原悦子プロのご紹介

就職活動やビジネスに役立つ実践的なマナーで可能性を広げたい(1/3)

客室乗務員の経験を生かしてマナーを教える小原悦子さん

思いやりと感謝の気持ちを意識し、内面から輝く人に

 JR岡山駅前の目抜き通り・桃太郎大通り沿いの商業ビルの6階に「ESA人材プロデュース」があります。優しい笑顔で迎えてくれたのは、代表の小原悦子さん。大手航空会社での客室乗務員の経験を基に、接遇・マナー講師として活躍しています。

大阪府池田市出身。幼いころから日本舞踊と書道を習い、芸名や雅号を持つほどの腕前に。技術以上にお行儀を厳しく仕込まれたそうです。女性の花形職業と言われる客室乗務員ですが、「当時は第2次オイルショックの影響で女子学生は就職難。就職試験の一環として受けたら採用されたというだけ」と意外な言葉が返ってきました。それでも「おけいこ事のおかげで、立ち居振る舞いや目上の人との接し方など、大変役に立ちました。先輩客室乗務員の気遣いや心配り、高い向上心に驚かされ、いい刺激も受けました」と振り返ります。

 岡山へ嫁ぎ、しばらくは家事や育児中心の生活を送っていた小原さん。「もっと社会にかかわろう」と、岡山県瀬戸大橋架橋記念博覧会(1988年)のコンパニオンとして天皇陛下や政治家、企業のトップら要人の接遇を経験。一方、働く女性の仕事に対する意識とビジネスマナーの向上の必要性を痛感したそうです。「岡山の女性をもっと輝かせたい」という強い思いから、1990年に開業。航空業界への就職を目指す人材の育成をはじめ、自分磨きのためのマナー講座や、サービス業から化学や製薬、ITなど幅広い業界でビジネスマナー研修などを行っています。

 「接遇やビジネスマナーというと難しく聞こえるかもしれませんが、日常でもビジネスでも基本は同じです。いかに相手の立場を思いやり、行動できるかどうか。そして感謝の気持ちを忘れないこと。そうすれば内面から輝ける人になっていきます」

小原悦子プロのその他のコンテンツ

Share

小原悦子プロのその他のコンテンツ