まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
石井栄一

相続・事業承継対策のプロ

石井栄一(いしいえいいち)

税理士法人 石井会計

お電話での
お問い合わせ
086-201-1211
税務お役立ち情報
  • 遺言の方式

    遺言の内容は最大限尊重されるべきであり、厳格な要式が民法に定められています。Ⅰ.自筆証書遺言  <作成方法>  ①遺言者が遺言の全文・作成日付・氏名を自署し、押印します。  ②遺言者が単独で作成します。  <メリット>  ①作成が簡単に出来ます。  ②遺言の内容、遺言書の...

  • 遺言によりできること

    遺言は、最後の意思表示です。遺族に自分の思いを伝え、円満な相続にするためにも遺言書を作成することをおすすめします。【遺言をすることのできる人】遺言をする時点において満15歳に達しており、自分の行った行為の結果を判断し得る能力(意思能力)を有している者であれば、誰でも遺言をす...

  • 相続の基本

    【相続人の範囲と法定相続分】誰が相続人となるかと順位、財産を承継することができる割合は民法で定められています。これをそれぞれ「法定相続人」、「法定相続分」と言い、次のようになっています。[1]相続人の範囲死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配...

  • 年金保険に相続税と所得税を課したのは「二重課税」最高裁判決

    最高裁は、7月6日、死亡保険金を年金形式で受け取った生命保険について、相続税と所得税の両方を課税したのは「二重課税で違法」との判決を下しました。この生命保険とは「年金払い特約付き生命保険」で、死亡保険金を一時金ではなく、10年間の年金形式で受け取るタイプのものです。これについて...

  • 住宅取得等資金の贈与の非課税枠の拡大

    【Q】住宅取得等資金の贈与の非課税枠が拡大されたそうですが、その概要を教えてください。【A】この制度は、贈与者の年齢制限がないため、65歳未満の父母からの贈与も可能です。この非課税枠の拡大により、若年層の住宅取得が推進されるのではと思われます。詳しくは、こちらhttp://www.ishii...

石井栄一プロのその他のコンテンツ

Share

石井栄一プロのその他のコンテンツ