まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
越宗玉恵

手作りアクセサリーを作るワクワク感を貴方に贈るプロ

越宗玉恵(こしむねたまえ)

アトリエ ベルジェ

コラム

ビーズ織機のアレンジ

2015年12月25日


ビーズ織は以前からあってたぶんいろいろな機種があることと思います。
ビーズ織の講習をしていますと、機種がいろいろ出てきました。
お値段もいろいろで。せっかくかっていただき作品も作っていただいたのに、
また次のより便利な機能が付いたものが出てきて
どう紹介しようかと困ってしまいます。
新しいものを紹介すると
以前のは使い物にならないのかと、
思われるようで(きっと思いますよね)
使い方を選べばよいのですが、たぶん私もそう思います。


ですこしアレンジしてみました。
けっしてお勧めするわけでもありませんが。
合成樹脂の板状の織機をお持ちの方
安心してください!
こんなこともできますよ。


右側の完璧な織機をお持ちの方は必要ありませんが
どうしてもお値段が高く、
左の機種の5倍近くいたします。
何が違うかというと。
右の機種をコンパクトにしたのが左の機種で手軽で持ち運びにも、うすくて便利
短い編地を手軽に編めます。
それがいい点なのです。
そちらを先に手にしてしまうと長いものを織るのが不便で。
織る縦糸の糸を巻いておくことができず。
で考えたのがこの方法です。
100円のお店でマスキングテープホルダーを前後に配置し必要な糸を
巻いておきます。
少しずつ織った編地はまきとりながら織ります。
どうしても滑りやすいので縦糸をとめている棒にホースをまいてみると
GOODでした。ホルダーもホースを利用するとよりGOODでした。
どうしても縦糸が緩みやすいのでホースで滑りにくくするとよいです。
マスキングホルダーは完璧に動かないようセットすればよいのですが
そこまでしないでも編めます。
決してお勧めするものではありませんが、どうしてもなにか長いものをあんでみたくなったとき、
こんな方法もあります。メーカーのビーダロンさんごめんなさい。
でもどうしてもラリエッタやネックレスを編みたくなった時こうすれば編めます。
参考までに。

この記事を書いたプロ

越宗玉恵

越宗玉恵(こしむねたまえ)

越宗玉恵プロのその他のコンテンツ

Share

越宗玉恵プロのその他のコンテンツ