まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
飯塚泰雄

障害年金請求で、経済的・精神的に負担を軽減するプロ

飯塚泰雄(いいづかやすお)

社会保険労務士事務所 SRI

コラム

請求事例4

事例

2016年6月15日

大分障害年金サポートを運営しています社会保険労務士の飯塚です。

当コラムでは私が今まで請求支援をしてきた事例をお伝えしていこうと思います。
※ 依頼者様のプライバシーの侵害にあたらないよう、一部(大幅)アレンジしています。

Dさんは、脳出血で左半身に麻痺が残っていました。

当初からご本人とではなく、ご家族とのやりとりをしていて、身体の状態のことは詳しく聞いていました。
そのため、肢体の障害で請求する予定でしたが、請求者を交えて話をしたところ、
言葉がなかなか出てきません。

ご家族に事情をきいたところ、脳出血以来、言葉もほぼ出てこず、会話をするのはほとんど無理。
とのことでした。

これを聞いて、請求書に添付する診断書は「肢体」だけではなく「言語機能障害」も追加することにしました。

その結果、肢体2級と言語障害2級が認められ、年金としては1級の等級を受給することになりました。

年金としては、2級より1級のほうが重度で、金額も大きいですので、ご本人・ご家族としても、少しだけですが
当初考えていた金額より大きな額が支給されるようになったことで、医療費の負担が若干でも軽くなっていた
ようです。

~ポイント~
診断書は、1枚しか出してはいけない!というルールはありません。
状態が複数にわたって存在する場合は、複数の部位について診断書をつけて、適正な状態を
診査する側の方に理解していただけるようにしましょう。

迷った時は障害年金の請求支援の経験が豊富な当事務所にご連絡ください。

この記事を書いたプロ

飯塚泰雄

飯塚泰雄(いいづかやすお)

関連するコラム

飯塚泰雄プロのその他のコンテンツ

Share

飯塚泰雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-558-4040

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯塚泰雄

社会保険労務士事務所 SRI

担当飯塚泰雄(いいづかやすお)

地図・アクセス

飯塚泰雄プロのその他のコンテンツ