まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
金丸伸

写真のようなパースで理想の空間を可視化できるプロ

金丸伸(かなまるしん)

アスタリスク Asterisk

コラム

はじめまして!コラム始めます!

ウッドデッキ

2018年5月16日


はじめまして!! 

主に大分市で エクステリア イメージパース リノベーション工事

をやっております。代表の かなまる と申します!!

宜しくお願い致します!!

本日は仕事上、久しぶりに違う作業をしていましたので 
一般の方はあまり見かけない図面を紹介したいと思います。

いわゆる、『施工図』というモノです。(二次元)(上の写真)

施工図とは 簡単に言いますと主に職人さんと現場監督が使う図面です。

ごちゃごちゃした図面ですが、すべての建築業界にはこれが基本ですね。

何を作るのもこれがないと作れません。

そう言う意味では重要な図面ですね。

この世界にもセンスが問われますが とりあえず今回は職人さんに伝われば良いので即席的な感じで作図してみました。

ウッドデッキ程度であれば特に要らない事も多いのですが場合によっては事前に工場で先に製作して
現場搬入したほうがキレイで早くできるので今回はわざわざ一手間かけて作図した訳です。

施工図の書き方の基本は一応ありますが、職人さんができるだけ電卓を弾かなくてよいように
分かりやすく心がけて作図すれば特に問題ないと思います。
なので結局、自由に描けば良いのです。(寸法記載は必須ですが)

日常にある『モノ』にはすべて寸法が存在しています。
当たり前の事なのですが、
よく私は日常にあるどんなモノでも設計された方の思いを勝手に感じ取ってみたりしてます。
だいぶおかしな人だと自分で思いますね(笑)

昔、和室の作り方などの施工図を書いた時は衝撃でした。全ての寸法に意味があるんですね。
恐らくこの頃から物造りに対する思いにのめり込んだと思います。
『昔の日本人はすごい』と同時に 建築の世界は広くて深いと感じましたね。

だいぶ話がそれましたが以上です。

公式ホームページはこちら

この記事を書いたプロ

金丸伸

金丸伸(かなまるしん)

金丸伸プロのその他のコンテンツ

Share

金丸伸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-511-4024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金丸伸

アスタリスク Asterisk

担当金丸伸(かなまるしん)

地図・アクセス

金丸伸プロのその他のコンテンツ