マイベストプロ新潟
  1. 円建て資産形成の代表、貯蓄型生命保険もマイナス金利の影響でほぼ終わりそうです…
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ) / ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

円建て資産形成の代表、貯蓄型生命保険もマイナス金利の影響でほぼ終わりそうです…

2019年11月3日

コラムカテゴリ:お金・保険

お得な商品ってすぐなくなってしまいます!

生命保険の予定利率が
下がり続けているようです。
予定利率とは運用利回りのようなもの。
将来受け取る満期金や、解約金に
影響を及ぼします。
予定利率は契約日のものが
契約が終わるまで
ずっと約束されています。
途中で下がりません。

この予定利率、昔は
7%近くありました。
今はなんと0.25%。
マイナス金利の影響でダダ下がり。
予定利率の基になるのが
標準利率です。
標準利率は長期国債を基に
決められます。
その標準利率がなんと来年1月に
初めてゼロになります。

そんなわけで、
生命保険の一般的な円建ての
貯蓄商品がたぶん終わるような気がします。
昔の一時払い養老なら
10年置けば2倍になったのに
今の商品は元本割れが多いです。
学資保険や円建ての一時払いは
もう難しいでしょう。

預金をしていてもお金は増えない。
円建ての生命保険もすでに
貯蓄商品としての意味がありません。
少し前の保険でも、バブル期じゃなくても
すべてお宝みたいな雰囲気に
なってきています。
見直しを迫られて
解約したら元の利率には戻れません。
悩んだら相談してください。

お金を安全に増やすには
やっぱり生命保険が
税金面でもお得でお勧めです。
外貨建て保険と
投資信託で運用の変額保険です。
外貨は為替リスクがあります。
変額は運用リスクがあります。
リスクを理解できなかったり
許せない場合は
なかなかお金を増やす手段がありません。

資産形成セミナーでも
最近のシニア層は
大手生命保険会社がすでに
外貨建てでの販売で説明済みなので
為替の説明などよくお分かりです。
昔は証券会社と取引がないと
運用商品には縁がありませんでしたが
今は保険会社も銀行も運用商品を
どんどん売ります。
運用、投資が本当に違和感なく
選択していただけるようになりました。

マイナス金利やら予定利率がゼロやら
もう仕方ないです。
おかれた環境の中で
最大限効率的にお金に働かせることを
考えていきましょう。
運用についてきちんと理解できると
運用が怖くてできないという気持ちが
きっとなくなります。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

資産形成悩んだら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-japan.com/niigata/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(ファイナンシャル・プランナー 石井順子)

Share

石井順子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1404-7204

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井順子

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

担当石井順子(いしいじゅんこ)

地図・アクセス

石井順子プロのコンテンツ