マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

お金美人は一日にして成らず!

2019年3月13日

お金美人を作るのは小さい時のお金の環境…

みなさんはお金のこと
きちんとできていますか?
そしてあなたのお子様には
お金のこと、教えていますか?
子どもの将来のお金の苦労は
育ってきた環境も大事。
現在は小さい頃からの
お金の教育が
重要になってきています。

三つ子の魂百までという
ことわざがあります。
小さい時に身についた
お金の感覚は
そう簡単に変わりません。
中高生になった子どもたちに
お金の教育をスタートしても
少し遅い気がします。

アメリカの子どもに対する
お金の教育は
日本と少し違っているようです。
ほしいものがあったら
どうやってお金を貯めて買うのか?
普通はお小遣いを貯めますが
アメリカでは物価上昇により
ほしいものの値段が上がること
お小遣いだけではなく
労働の対価により
お金を手にしたり
年齢にもよりますが
運用を教えたり始めたり
しているようです。

日本では子どもが
自分のお金で
計画的にほしいものを
得るということの経験が
少ないような気がします。
ほしいものがあれば
親やおじいちゃん、おばあちゃん
おじさん、おばさんが
簡単に買ってくれたりしませんか?
少子化で子ども一人に
援助する大人はたくさんいますから。

子どもにお使いを頼んだり
自分でお金を管理することで
お金が身近になり
予算を決めて物を購入したり
将来に向けて
資金形成をすることを
覚えていけるような気がします。

親のお金の使い方も
正さなければいけないかもしれません。
家計を予算を考えて
管理しているか。
将来の資産形成も
教育できるいい機会です。
子どもにしっかりと見せることが
大事です。
ポケットからお金がじゃらじゃら
でてくるとか
テーブルにお金が出しっぱなしでは
お金美人は育ちません。

そもそも家計がうまくいっていないとか
お小遣いが足りなくなっちゃうパパは
お金の教育をご家庭で
うけてきたのでしょうか?

今後はキャッシュレス化が進みます。
アメリカではクレジットカードの文化が
家計を立ち行かなくする人を
たくさん作ったといわれています。
アメリカのカード所持の
平均枚数は5枚、
支払いは基本リボ払いです。
カード破産が多くても
仕方ないですね。
日本は大丈夫でしょうか?

働いて得たお金で
人生を計画的に歩むということが
きちんとできるのが
お金美人です。
子どもが将来お金美人になるかは
親のお金の使い方にかかっているかも。

今きちんとお金のこと、できていない人も
今から正せばいいじゃないですが。
苦労はすると思いますが
お子様の教育には間に合うと思います。

お金美人はビジュアル美人よりも
モテルと思うんだけど。
そうではないとすれば
お嫁さんにもらったりお嫁に行ったりすると
幸せになれそうなんだけど。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

お金美人のつくり方
気になったら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-japan.com/niigata/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(ファイナンシャル・プランナー 石井順子)

Share

石井順子プロのコンテンツ