まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

女性の貧困問題と働き方

2017年3月7日

女性と男性ではまだまだ賃金格差が…

将来の夢はなんですか?
仕事のことを答える人は
どのくらいいるんでしょうか。
出世したいとか
会社を興したいとか
あるかもしれません。

今の仕事に満足していますか?
賃金の問題
仕事の中身
いろんな理由から
仕事を変わりたいと思う人も
多いでしょう。
お仕事のことも
たまに相談を受けます。

賃金のことは大きいと思います。
正社員か非正規かで
総収入は大きく差があります。
非正規から正社員に上がりたいと
思う人も多いはず。
スキルや経験
そして年齢的なものもあり
歳をとればなかなか
思い通りにいかないもの。

とくに女性は男性に比べて
まだまだ賃金では
安いと思います。
高齢の女性
とくに未婚の方の貧困が
多くなってきていると聞きます。

ずっと独身、そして非正規の方。
若い時は親が元気で
ある程度面倒をみてくれるけれど
親も年を取り
介護になったりすると
最悪、介護離職です。
収入が途絶えれば
将来貧困に陥る確率も
大きく上がります。

離婚をして子どもを育てる
シングルマザーも
貧困の方が多いと聞きます。
離婚をしても
子どもとともに貧困に陥いることを防ぐのは
正社員で働くことが大事です。

結婚すれば専業主婦になるから
仕事はたいして重要ではないとか
今の仕事が楽しいから
先のことは考えないなどの理由で
非正規になるのは残念だと思います。

男性も女性も
健康で元気なら
だれにも頼らず生きられるように
収入は確保しておきたいもの。
生活保護という制度は
本当に弱者といわれる方を
救う制度であり
努力をしないで貧困になった人を
救う制度ではありません。

今の仕事は楽しいですか?
将来生きていくのに大変じゃないですか?
大変だと思うなら
若いうちに対策をすべきです。
結婚していて
ご主人がいたとしても
何らかの理由で頼れなくなることが
ないわけではないのです。
実際に働かなくてもいいですが
資格などは
時間のある若いうちに
取得した方がいいかもしれません。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

ライフプランや働き方
心配な人は
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子のソーシャルメディア

google-plus
Google+

石井順子プロのその他のコンテンツ