マイベストプロ長崎
  1. 獣医循環器学会発表と石川獣医師による専門診療終了のお知らせ
青木紘

ペットとオーナーの絆を深める獣医療のプロ

青木紘(あおきひろし) / 獣医師

平野町ペットクリニック

コラム

獣医循環器学会発表と石川獣医師による専門診療終了のお知らせ

2019年6月2日 公開 / 2020年1月16日更新

テーマ:長崎の動物病院

コラムカテゴリ:医療・病院

大宮で開催される第110回獣医循環器学会へ向かう機内にて投稿しております。
明日・明後日獣医師不在となりますが、日々の診療の充実の為と何卒ご了承頂ければと思います。

時代は令和となりましたが平成最後の今年1月12,13日に仙台国際センターで開催されました「第109回獣医循環器学会」にて一般演題として研究発表を行なってまいりました。

演題は「僧帽弁閉鎖不全症における心臓超音波検査を用いた発咳予測能の制度」と題しまして、計322頭の僧帽弁閉鎖不全症の犬(当院を含め長崎県内の病院から紹介頂いた症例を159頭と、他県の5病院から提供頂いた163頭のデータ)を解析した研究であり、当院にて今年3月まで循環器診療を担当しておりました石川泰輔先生の研究の一つを発表いたしました。

endaititle
(演題の表題は抄録の提出から発表の間に変更をしております)

会場では日本の獣医循環器界を代表する名だたる先生方を前に、些か緊張しましたが無事に発表を終えることができました。このようなことを積み重ね世界の獣医学は少しずつ進んでいくのだと感じるとともに、東京を離れ長崎での13年間の診療が少しでも獣医学の発展の足しになればと思います。

今回は獣医麻酔外科学会との共同開催でありまして、どちらの学会もまさに獣医学の最先端を発表・勉強する場であり近年の獣医学の目覚ましい発展に驚くとともに、最先端獣医療を遅れることなく吸収し、日々の診療において皆様の大切なわんちゃん・猫ちゃんの健康を守ることに活かしていくことを再度決意いたしました。

masamune
(写真は会場近くの青葉山公園にて伊達政宗像)

gyutan
(仙台名物牛タン)

今回、このような機会を下さいました石川先生に深く御礼を申し上げます。

石川先生には、2013年から非常勤獣医師として当院で6年の間循環器診療を担当していただきましたが、4月より長崎大学から大阪の国立循環器病研究センターへ移動されることに伴いまして、当院での循環器特別診療を終了することとなりました。大変寂しくとても残念ですが、石川先生の今後の益々のご活躍を心から祈念いたします。6年間本当にありがとうございました。


(2019年12月31日 追記)
よろしければ学会裏話もこちらからどうぞ。

平野町ペットクリニックホームページ

https://hiranotown-pc.com/

※ご質問はできるだけ返答するように致しますが、個々の病気の質問に関しては、患者様の現在の状態や病気の経過日数、犬種・猫種、年齢、既往症、それまでの治療歴、検査等により状況が大きく異なりますので具体的な返答が難しい場合が多くあります。直接ご来院下さい。
またすぐに返信できない場合がありますが、ご了承下さい。

この記事を書いたプロ

青木紘

ペットとオーナーの絆を深める獣医療のプロ

青木紘(平野町ペットクリニック)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧