まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮崎
鶴田隆二

資金計画から家づくりまでサポートする住宅相談のプロ

鶴田隆二(つるたりゅうじ)

有限会社ライブライフ ※(住まいの窓口/わくわく保険)

コラム

注文住宅は土地が先?建築会社が先? 【失敗しない為の手順】

ファイナンシャルプランナー宮崎 鶴田

2018年3月30日 / 2018年8月19日更新



消費増税の影響かマイホームを計画されている方が急激に増えている印象です。
これからマイホームの建築を考えている人にとって、「土地と建築会社のどちらを先に決めるのが良いのか」、という疑問にぶつかることがあると思います。 【様々な意見がありますが…】

ですが、これはどちらが正しいという答えはないと思いますが、その人が置かれている状況によって、どちらを優先すべきか、ある程度判断ができると思います。

そこで今回は、あくまで私の個人的見解も織り交ぜ、土地の購入と建築会社の決定の順序などについて解説します。

良い家を建てることができるのは、私は「建築会社を先に決める」だと思います。
しかし、「良い家=満足できる家」とは限りませんのでご注意を。

例えば、家(建築会社)を優先したばかりに、「子供の学校までの距離が遠くなってしまった」ということもあるでしょう。

もし土地(立地)を優先していれば、学校の近くに、家を建てることができたかもしれません。

しかし、上記のケースだと「家には満足しているけど、生活環境に不便さを感じる」ということになります。

もちろん、その逆もしかりです。
土地を優先したばかりに、自分たちが希望している間取りや、理想としている工法の家を建てられない可能性もあります。
双方のメリット、デメリットを明確する

【土地を優先した場合のメリット】
・希望する地域に家を建てることができる
・同じ世代の方々が多いので子育てに良さう、また近所付き合いが楽そう
・小中学校まで近い

【土地を優先した場合のデメリット】
・土地代が予算オーバーしてしまう
・建築条件がついており、建築会社が指定されてしまう

【建物(建築会社)を優先した場合のメリット】
・理想の建築工法で家を建てることができる
・納得ができる耐震性や高気密高断熱の住宅を建てることができる

【建物(建築会社)を優先した場合のデメリット】
・土地が見つからず、計画がなかなか進まない
・土地を妥協してしまったため、生活の利便性が悪い、周辺環境が悪い

ここで挙げた内容は一例ですが、自分たちにとってのメリットやデメリットを明確に理解しておくことで、それを十分検討した上で選ぶことができるようになります。
自分たちが選んだのであれば、多少の不便さを感じることがあっても、納得できのではないでしょうか。
結局は、土地と建物のどちらを優先するにしても、どこかで少なからずデメリットが発生します。どちらを優先したからといって、100%満足できる家づくりができるわけではないと、最初から割り切っておくことも大事です。

【建築会社を先に決めるのが良い理由】
判断するには色々な要素がありますが、それらのことを踏まえた上で、「建築会社を先に決める」という方法です。

基本的に注文住宅を建てる場合、建築会社選びと土地探しを平行して始める人が多いです。しかし、建築会社を選択していくなかで、「当社であれば、こちらの土地を提供することができますよ」と、建築条件がついている土地を紹介してくる業者が現れます。

【建築条件付きの土地を購入して住宅を建てるときの注意点】
土地に建築条件をつける理由は、それだけ土地の立地や周辺環境に自信を持っているからです。つまり、それだけ多くの人が欲しいと思うような「良い条件の土地」ということです。なので条件付の土地に惹かれてしまうのは仕方ありません。

ですが、この時点で建築条件がついている土地を購入してしまったら、もう他の建築会社で家を建てることは基本的にできなくなります。

実は、建築会社を先に決めることを薦めたポイントがここにあります。

その理由は、素人に土地の判断をするのは難しいからです。

例えば、先に土地を購入してから建築会社を決める場合、その土地の地盤が軟弱だと、地盤の改良等で予想外の出費を出すことがあります。

先に建築会社を決めていれば、気に入った土地がみつかったとき、建築会社が購入前に地盤の調査をさせてもらえることがあります。

地盤の改良が不要なのと必要なのでは、地盤改良費として最大200万円~300万円ほどの金額差がでる場合もあるので、できることなら購入前に地盤調査させてもらうのがベストです。 【大抵はNGですが…】

建築会社を先に選ぶ理由は、地盤の問題以外にもあります。建築会社には掘り出し物件の土地情報が入りやすいからです。

建築会社は、不動産会社のホームページに公開されていない土地情報を、持っていたりします。
これは、付き合いがある工務店や住宅会社・ハウスメーカーに、先に土地情報を公開するケースが多いからです。
「ホームページで公開してない掘り出し物件の土地があるのですが、どなたか条件の合いそうなお客さんはいませんか?」

このように、不動産会社から掘り出し物件の情報があれば、建築会社もお客さんに自社をアピールできるチャンスですし、不動産会社も早く買主を見つけることができるので、どちらにとってもWin&Winの関係を築くことができます。

そういった理由から、先に土地を選んでしまうのではなく、まずは工務店やハウスメーカーに打診したほうが、結果的に理想としている家を手に入れる可能性が高くなるでしょう。

★宮崎県初 マイホームのセカンドオピニオン相談所★
住まいの窓口 宮崎店

【住宅相談・住宅ローン相談・資金計画・ライフプラン相談】
http://www.fp-sumai.jp/sumainomadoguchi/

【不動産・リフォーム・リノベーション相談】
http://llf.jp/

【有資格者在籍中】
★住宅ローンアドバイザー★ ★ファイナンシャルプランナー★ ★宅建取引士★
★2級建築士★ ★相続診断士★ ★終活カウンセラー★ ★キッズマネースクール認定講師★

この記事を書いたプロ

鶴田隆二

鶴田隆二(つるたりゅうじ)

鶴田隆二プロのその他のコンテンツ

Share