まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

仙台の行政書士より180715心のメッセージ

2018年7月15日

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。
 
 今日は、佐藤優著 人生の役に立つ聖書の名言(講談社)から一節を紹介いたします。

 〈恐れるな〉

 からだを殺しても、魂を殺すことのできな者どもを恐れるな。むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のある方を恐れなさい。
 「マタイによる福音書」10章28節

 ここで示されているのは、「神様は怖い存在で、あなたの魂と体を地獄に送って滅ぼすことができる」という脅しではない。キリスト教徒は、自分が選ばれた存在であり、神によって地獄に送られ、滅ぼされることはないと確信している。もっとも、それはあくまでも確信であって、このような確信的な人が必ず救われるという保証はないのである。具体的に誰を救うかというのは、全知全能な神の専管事項だ。そこに限定的な知力、能力しか持たない人間が介入することはできない。人間が神の意志について、完全に認識するということは、ありえないのである。
 キリスト教徒に対して、権力者がその肉体を物理的に抹殺することはできても、神の管轄事項である魂には関与できない。それだから、相手が権力者であっても、アカデミズムやジャーナリズムの権威であっても、キリスト教徒は恐れることなく、自らの良心に従って、自由に発言し、行動することができるのである。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ