まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

仙台の行政書士より180611心のメッセージ

2018年6月11日

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。午後は、名古屋市よりシャロームの会を視察にいらした方々のご案内をいたします。

 今日は、金藤晃一先生の言葉のご紹介です。

 〈真の癒しとは〉

 「癒しとは、自分をそのまま受け入れることです。好きな部分だけでなく、すべてを、ありのまま、受け入れてあげることです」。セラピスト、ルイーズ・ヘイの言葉です。
 癒しというと、非日常的な場所や音楽にふれたりするというイメージがあります。確かに旅行をしたり、癒し系の音楽を楽しむことは、気分転換をもたらしてくれます。しかし、それはあくまでも一時的なもの。本当の癒しとは、自分のそのままを受け入れること。特に注目したいのは、ルイーズ・ヘイが言っているように「好きな部分だけでなく、すべてを・・」です。要するに自分の嫌いな部分も受け入れるところに、真の癒しのポイントがあるのです。
 最大のストレスは、自分を嫌っていることです。いくらハワイに行こうが、温泉に行こうが、自分を嫌っている限り、最大のストレスである自分も必ずハワイに付いてきます。温泉にはお金も払っていないのに、あなたと一緒に入ってきます。嫌いな自分から逃げる限り、ストレスが減ることはありません。
 真の癒しは、嫌いな自分を知る、見すえる、違った角度から見てみる、嫌いな自分に声をかけて見る、その自分に謝る、その自分を認める。そしてその自分を受け入れる、このプロセスを踏むことは、苦痛を伴うこともあります。しかし、真の癒しが必ずあなたの心の中から沸々とわき出してきます。自分をそのまま受け入れましょう。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ