まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

仙台の行政書士より180220心のメッセージ

2018年2月20日

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。午後は、仙台市中央卸売市場関連事業者組合組織活性化委員会に出席いたします。

 今日は、田中信生先生の言葉のご紹介です。

 〈現実は敵ではない〉

 「現実は敵である」という考え方が現実を敵にしています。「現実は自分にとって味方である」という思考を培うための初めの一歩は、幸い現実の中にある小さなプラス面をできるだけたくさん拾い出すことです。
 よく「現実を見据えて」と言いますが、その意味は「現実の厳しさを見据える」ととらえがちです。しかし、その前に「現実のプラス面を見据える」ことが肝要です。
 問題に遭遇し「現実はすべて敵だ」と思いこむと、その現実を見たくないので、その問題の中にあるプラス面を見過ごしてしまいます。もったいないことです。
 最初は勇気を要しますが、「現実は、常に自分の味方である」と唱えながら、見たくない現実を見据えていくと、見過ごしていた小さなプラス面が見えてきます。そのプラス面を広い出し、つなぎ合わせていくと、現実は決して甘くないけれど、自分が思っているほど厳しすぎもしないということが体験的に分かってきます。現実は、あなたの味方です。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ