まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

仙台の行政書士より160322心のメッセージ

2016年3月22日

 本日は午前中、建設業許可申請と風俗営業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア会議と相談会に出席いたします。

 今日は、田中信生先生の言葉のご紹介です。

 目標を立てるのは得意なのですが、なかなか達成できなくて…。よく寄せられる相談です。目標は立てたのに、なぜ実行できないのか?その答えは「何のためにそれをするのか?」という目的が曖昧だからです。
 そこで私はこう申し上げます。「目標を掲げられただけでも、あなたは素晴らしい。そこで質問ですが、あなたはどういう理由でその目標を立てられたのですか?」この質問をするのとしないのでは、格段の違いが生まれます。目標だけですと、それを眺めて人生が終わってしまいます。しかし、その目標から目的を引き出すと、「何のためにそれをするのか?」が鮮明になり、目標達成のモチベーションが高まります。
 さらに言うなら「何のために」(目的)が曖昧な目標は、しなくてもいいことなのかもしれません。一番残念なことは、目的が曖昧な目標をこなすことに忙殺され、本来するべき、目的が明快な目標に十二分な時間とエネルギーが注ぐことができなくなることです。結果的にすべて中途半端になってしまいます。
 これを避けるためにも、目標から目的を引き出しましょう。目標を紙に書いたら、その横に、何のためにそれをするの箇条書きにしてみましょう。あなたの目的が見えてきます。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ