まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

仙台の行政書士より150113心のメッセージ

2015年1月13日

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア会議と相談会にそれぞれ出席いたします。

 今日は、西村繁夫先生の言葉のご紹介です。

 先日、ある大学で学生に問題が生じているという報道がありました。それは「対人関係がうまく築けない」「他人の気持ちを考えることができない」「迷惑をかけてしまっても何とも思わない」などの問題です。これに対して大学側は、「模範意識の未熟さ」が原因だと指摘しています。
 「模範意識の未熟さ」というのは、言いかえますと、「規則を守ろうという意識が育っていない」ということでしょう。確かに規則を守ろうという意識を育てることは大切なことです。しかし、それだけでは学生さん達の「人間関係がうまく築けない」などの問題を十分に解決することはできないのではないかと私は思います。
 私自身かつて大学の教師でしたので、悩める学生さんと共に学内のカウンセラーに相談に行ったことがありました。
 これらの問題を解決するためには、やはり学生さん達が、相手の言うことにきちんと耳を傾け、相手のことを真剣に考え、相手を本当に理解することが必要なのではないかと思います。言いかえますと、相手と十分にコミュニケーションを取り、相手の身になって考えることでしょう。そして、いつも、自分にも相手にも愛を持ち、前向き・肯定的に実践していくということではないかと思います。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ