マイベストプロ鹿児島

コラム

夏休みは、親子で簡単簡便なカラーセラピー(お絵描き)を@鹿児島

2020年8月2日

テーマ:子供・親子カラーセラピー講座

コラムカテゴリ:スクール・習い事

夏休み親子カラーセラピー講座

梅雨明けと同時に猛暑の毎日。また夏休みも始まりましたね。

お母さん方にとっては、一日食事作りに追われてしまう夏休みですが、
子ども達にとっては、家族で楽しめる夏休み!
ですが、今年は、思うように出かけられない夏になりそうです。

そんな時に、親子でできるカラーセラピー(お絵描き)を楽しみませんか?

用意して頂くものは、クレパスと画用紙(チラシなどでもOKです)だけです!
何を描く訳でもなく、ただクレパスを走らせるだけでも、OKです。
描いていると何か形あるものやモチーフを描いたりしたら、親子で、これは何?と
当てっこしたり、これは誰?と聞いたり、何をしているの?などコミュニケーションをとるだけでも子どもさんは、大満足です。

描画の中に家族が出てきたら、誰か聞いてみるのも楽しいですよ!
その際に、子どもさんの気持ちを大事にしてあげて下さいね。
決して、言い換えたり、違うでしょう!など言わないで、楽しんで聞いてあげて下さい。

私たちが、クレヨンをお勧めするのは、思いっきり描けるので、発散にもつながります。
色鉛筆やクーピーは折れてしまい、思いっきり描けません。
キレイな絵を描くのが目的ではなく、感情を出す事を目的にしています。

子どもは評価を気にしてしまい、上手に描けないと絵を黒で塗りつぶしがちです。
ですので、「上手」という言葉はなるべく言わずに、描画に対して、色々質問をしてみて下さい。
「この発想はすごい!お母さんには浮かばなかった。どうやって浮かんだの?」と聞くと、
子どもさんは、得意げに絵を描く際に浮かんだ情景を楽しそうに話してくれます。
そうする事で、子どもさんの思いを知るきっかけにもつながります。

そして、是非、お母さん方も童心に戻り、一緒に子どもさんとたのしみ、書き終えたら、絵をシェアして下さい。絵は描き終えた満足感もありますが、描いている最中のプロセスから、気づくこともあるかと思います。

昨日は、鹿児島市中央公民館での「夏休み親子カラーセラピー講座」2回目でした。
こちらの様子は、ブログに書いてますので、是非ご覧くださいませ。
http://ehealing.chesuto.jp/e1637212.html

夏休み親子カラーセラピー講座

各種案内
メール  : nakanosonoemiko@gmail.com
メニュー : http://mbp-kagoshima.com/nakanosono/column/2071/
養成講座 : http://mbp-kagoshima.com/nakanosono/service1/
カルチャー: http://mbp-kagoshima.com/nakanosono/service2

この記事を書いたプロ

中之薗恵美子

カラーのプロ

中之薗恵美子(イルドクルール鹿児島East)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

中之薗恵美子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
099-206-5218

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中之薗恵美子

イルドクルール鹿児島East

担当中之薗恵美子(なかのそのえみこ)

地図・アクセス