まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ茨城
根本博之

小さな案件から膨大な作業まで丁寧に対応する行政書士

根本博之(ねもとひろゆき)

根本行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
029-275-3075

コラム

農地の相続等による事後の届出について|農地|ひたちなか市|行政書士

2013年3月30日 / 2014年7月17日更新

こんにちは。行政書士の根本です。
第4回目は、農地における相続等に関する忘れがちな手続きについてです。

不動産を相続される方の中には、農地を相続される方(農業を営んでいない方も対象になります。)もいらっしゃるかと思います。

不動産の相続手続きの場合、相続による所有権移転(名義変更)登記が済めば、そこで手続きは終わりだと思われるのが通常だと思いますが、相続を済ませた方は、もう一度相続された不動産をご確認下さい。

もしかすると農地が含まれているかもしれません。

市街化区域内農地イメージ


ここで言う農地は、現況または登記上において地目が農地(田・畑)であるならば、市街化区域内及び市街化調整区内域、それ以外の未線引き区域を問わず、また面積の大小に関わらず対象になります。その農地を相続された方は、所有権移転(名義変更)後、その農地のある市町村の農業委員会に「農地法第3条の3第1項の規定による届出」という届出をしなければなりません。これは概ね10ヶ月以内にする必要があります。

対象となる所有権移転(名義変更)は、相続(遺産分割及び包括遺贈を含む)、法人の合併・分割、時効取得などです。

目的は、農業委員会が農地の権利移動を把握し、場合によっては利用を促すためのあっせん等をして、農地の有効利用を図るためのものです。届出を忘れた場合、又は虚偽の報告をした場合は、10万円以下の過料の対象になりますのでお気をつけ下さい。

根本行政書士事務所
根 本 博 之
〒312-0045 茨城県ひたちなか市勝田中央5-15 2階 201号(JR勝田駅から徒歩1分です)

お電話でお問い合わせの方は
TEL 029-275-3075

この記事を書いたプロ

根本博之

根本博之(ねもとひろゆき)

根本博之プロのその他のコンテンツ

Share

根本博之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
029-275-3075

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

根本博之

根本行政書士事務所

担当根本博之(ねもとひろゆき)

地図・アクセス

根本博之プロのその他のコンテンツ