まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

報告をする~話し方&マナー教室「トークナビ」~

話し方

2015年4月2日 / 2016年7月8日更新

西宮で話し方とマナーの個人レッスンをしている永田之子(ゆきこ)です。

前回は指示を受ける言葉をレッスンしました。今日は報告の仕方を見ていきましょう。指示と報告は相互関係にあります。指示を受けた人はその仕事をしっかり果たすことが求められます。報告の基本は

建築

■結論から話す

経過は聞かれたときにだけ話します。事実が大切です。推測や自分の考えなどとは、はっきり区別しましょう。また報告は、指示をした人に直接します。誰かを間に立てたり伝言にしてはいけません。

報告にはいろいろな報告があります。職場でよく言われる報告・連絡・相談(報連相)が出来る人は信頼され「仕事が任せられる人」として職場では特に高く評価されます。

日常の生活でも簡単な報告を「結論」から話す様にしてみましょう。経過から話すのをやめるだけでわかりやすくすっきりした話しが相手に伝わるようになります。下に例をあげて見ますので皆様の話し方がどちらのタイプか確認してみてくださいね。

○  応援ありがとうございます。良い報告です。「○○大学に合格しました」・・・・・・
× 応援ありがとうございます。今日は合格発表の日でした。そこで先ほど学校に行って参りました。いろいろとご心配をおかけいたしました。 おかげさまで無事合格いたしました・・・・

印象がこんなに違います。「結論から話す」ことが特に効果的な合格発表などでは何をおいてもすぐに結果を伝えましょう。その話し方で、待ちに待った相手に一直線に喜びを伝えることが出来ます。

※「かしこい説明の仕方」はこちら→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/column/57571/

■体験レッスン→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/

■個人指導 (受講内容:話し方&コミュニケーション、ボイストレーニング、マナー)はこちら
→ http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
■セミナー・研修・講演会 お問い合わせ先→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service2/
■会話&マナー教室「トークナビ」→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
■ホームページ→http://talknavi.jp
[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。会話講師。マナー講師。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で会話&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share