まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

岸井謙児プロのご紹介

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(3/3)

カウンセリング風景

相手と対等な立場で、自分の悩みとして受け止める

面接の対象は、不登校や発達障害の子どもだけではありません。大人のうつや発達障害、聴覚障害の方なら手話でのカウンセリングも可能です。「私のモットーは、同じ目線、同じ立場。例えば小さな子どもでも、5歳には5歳の生きざまがしっかりとある。教えてもらうことの方が多いですよ。『子どもだから、大人だから』と区別せず、一人の人間として向き合っています」

そんな岸井さんの考え方は、高校や特別支援学校での教員の経験が元になっています。「学校に来るのが精神的に難しい生徒がいました。家庭訪問の際は『ナーバスになっている生徒の家にどんな顔をして入り、何て声をかければ良いのか』と、家の周りをぐるぐると歩き回ったものです。でも、その時『この気持ちは、生徒が抱く気持ちそのものだ』と気づいたのです。自分の中には相手と同じ悩みがある、この子の悩みは私の問題でもあるのだと学びました。だから今、皆さんと一緒に悩みながら、どこかに必ずある希望を探しているのです」

カウンセラーを目指した原点は、スポーツに励んでいた学生時代にあるといいます。「大きなけがをしてしまい、専門医に相談した時『体の不調とともに頑張るからこそ、辛い人の気持ちがわかる』と言われ、物事をどうとらえるかによって、人生に対する見方が変わる体験をしました。今は悩みのトンネルに入ってしまっている方も将来への希望を持ち、いつか出口にたどり着くことができるよう、支えていきたいと考えています」

(2014年4月 現在)

3

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ