まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
井上健

頭痛診療のプロ

井上健(いのうえけん)

いのうえ内科脳神経内科クリニック

お電話での
お問い合わせ
082-233-0747

コラム

アルコールと頭痛 飲み過ぎに注意!!

広島の頭痛外来

2017年12月21日 / 2018年9月16日更新



忘年会の季節ですが、本日はアルコールと頭痛ということで書いてみようと思います。

国際頭痛分類第三版β版ではアルコール誘発頭痛次のように分類されています。
1.即時型アルコール誘発頭痛 以前、カルテル頭痛(cocktail headache)と呼ばれていました。飲酒による三時間以内に出現し、飲酒をやめて3日以内に頭痛はなくなるというものです。他の頭痛でないことが診断には必要です。この頭痛の特徴は、両側性、拍動性、身体活動により悪くなるということです。これらの一つ以上がないと診断できません。
2.遅延型アルコール誘発頭痛 以前、二日酔い頭痛(hangover headahce)と呼ばれていました。飲酒後、数時間経過してからの頭痛です。この頭痛も3日以内に軽快します。そして、飲酒後5時間から12時間以内に頭痛は出現し、先ほどの両側性、拍動性、身体活動により悪化するという特徴を一つ以上ないといけません。当然これも、他の頭痛でないことが診断には必要になります。

お酒飲んで頭痛かったら、アルコール誘発頭痛じゃない?といわれると思います。そして、この診断がどのような意味を持つか疑問に持たれる方がいると思います。
この診断基準を明らかにするのって、実は非常に大切なのです。アルコール性頭痛は最も多い二次性頭痛の一つですが、診断基準に満たないものとして、一次性頭痛の片頭痛や群発頭痛も飲酒により誘発されます。診断基準どおりでないとき、われわれは他の疾患の可能性を追求します。その結果、脳腫瘍がみつかったり、くも膜下出血が診断できたりします。
飲酒で頭痛!!何時ものことなら飲み過ぎです。控えてください。でも、初めてのことなら安易にお酒のせいだと思わずに頭痛専門医を受診されてください。

当院を受診していただけるかたへ

当院は予約なくても受付時間内でしたらいつでも受診されてください。
初診のかたは初診受付というシステムもつかっております。
ホームページ右上からお入りいただけると助かります。
*当院の前の道路(江波線を東に一本入ります)は南から北の一方通行ですのでお気をつけください。

この記事を書いたプロ

井上健

井上健(いのうえけん)

井上健プロのその他のコンテンツ

Share

井上健プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-233-0747

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上健

いのうえ内科脳神経内科クリニック

担当井上健(いのうえけん)

地図・アクセス

井上健プロのその他のコンテンツ