まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
井上健

頭痛診療のプロ

井上健(いのうえけん)

いのうえ内科脳神経内科クリニック

お電話での
お問い合わせ
082-233-0747

コラム

マインドフルネス

広島の頭痛外来

2017年8月20日 / 2018年8月19日更新


緊張型頭痛について先日コラムを書きました。その中でマインドフルネスという言葉を用いました。今回はそのマインドフルネスについてです。

マインドフルネスとは

マインドフルネスは「注意する」と直訳しますが「今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程のこと」をいいます。つまり「今」にのみ注目するわけです。過去に起こったことは全て雑念です。現在の自分はなにをしているか。つまり呼吸をしている、椅子に座ってるのでおしりが椅子にあたっている、体は重力に引っ張られている、外では小鳥が鳴いている、なにか香りがするなどに注意を向けるのです。呼吸と五感にのみ注意をむけることにより大脳を休息させてあげるというのが神経科学的な理屈になります。

マインドフルネスとうつ病の治療

マインドフルネスは、緊張型頭痛の治療にはもちろん有効ですが、うつ病の治療・免疫力を高める目的でも有効であったりします。米国ではうつ病の治療で薬を使用するという選択枝よりもマインドフルネスを利用した認知行動療法やマインドフルネスで得られるような脳の状態を磁気治療(頭痛治療でも応用されてます)がさかんになっております。

マインドフルネスと脳神経生理学的機序

神経生理学的には、背外側前頭前野(DLPFC) の血流の上昇がマインドフルネス状態によってもたらされることが証明されております。瞑想実践者において、この部位の大脳皮質の容量が増えることも報告されております。
この部位は、不安感が少ない方や神経症的スコアーが低い方では血流増多になり、注意欠陥障害や躁うつ病患者さんアルコール依存症の患者さんにおいては血流低下になります。また、ストレスによって増加される扁桃体(へんとうたい)の血流はマインドフルネス状態によって低下すると言われております。

マインフルネス呼吸法

・大きく息を吸い込んでからいきごらえをしてゆっくり息をはく。
・吸い込みに5秒。いきごらえに5秒。息をはくのに10秒です。
・5分間繰り返します。
呼吸法をしているときは、五感にのみ集中。
 第一に自分の呼吸。肺いっぱいに空気をいれることに意識しましょう。
 触覚は自分の身に着けているものが肌に触れているのを意識しましょう。
 小鳥などの声に耳をかたむけたり、部屋の香りなどに集中しましょう。

当院を受診していただけるかたへ

当院は予約なくても受付時間内でしたらいつでも受診されてください。
初診のかたは初診受付というシステムもつかっております。
ホームページ右上からお入りいただけると助かります。
*当院の前の道路(江波線を東に一本入ります)は南から北の一方通行ですのでお気をつけください。

この記事を書いたプロ

井上健

井上健(いのうえけん)

井上健プロのその他のコンテンツ

Share

井上健プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-233-0747

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上健

いのうえ内科脳神経内科クリニック

担当井上健(いのうえけん)

地図・アクセス

井上健のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-07-27
facebook
Facebook

井上健のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-07-27
facebook
Facebook

井上健プロのその他のコンテンツ