マイベストプロ岐阜
馬渕高広

顧客本位の完全自社施工で信頼を高める建築塗装のプロ

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕塗工

お電話での
お問い合わせ
058-337-0840

コラム

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法

2018年4月6日 公開 / 2018年6月24日更新

テーマ:防水

大分暖かくなり、過ごしやすくなってきました。
今回は防水のお話をしたいと思います。
屋上やベランダの防水が年月の劣化により雨漏りしていたり、前回の防水施工から10年ほどたっていると防水工事を考える目安です。
実際の弊社施工現場の写真を使って引渡しまでを書きたいと思います。
下記の画像は既存の状態です。目で見て分かる範囲で防水層は無くなってしまっていて、前回施工された防水も剥離していました。脆弱な部分は工具を使い取り除きます。
劣化状況

劣化状況1

劣化状況2

次の工程は下地処理です

この記事を書いたプロ

馬渕高広

顧客本位の完全自社施工で信頼を高める建築塗装のプロ

馬渕高広(馬渕塗工)

Share
関連するコラム

馬渕高広プロのコンテンツ