まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
清武修一

注文住宅を低価格でデザインするプロ

清武修一(きよたけしゅういち)

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所)

コラム

福岡の注文住宅を設計する。 建築木材とクワガタ、カブト虫

2012年7月30日 / 2012年10月28日更新

 以前、棟上(むねあげ)前、清武建設本社内(朝倉郡筑前町)で、大工の父が、柱や梁を削る作業が約1ヶ月おこなわれていました。

 プラモデルの部品を作るように柱、梁などの寸法や接合部分をカットし、棟上時に1日で現地で組み立てられるようにする為です。

 現在、社会全体の木造住宅は、コンピューター制御で材木店がカットして、現場に納品するプレカットが99%占めていますが、当時は大工さんが柱や梁を削る作業をおこなうのが当たり前でした。

 何故、コンピューター制御のプレカットが主流になったかといえば、大工さんの人件費以下で出来るという理由からです。

  柱や梁を削る作業がおこなわれる時、大量の木紛(おがくず)が発生し、それを近所の子供達がもらいに来ていました。それは、クワガタやカブト虫を育てる為のものでした。

 大変申し訳ないのですが、当時、私も子供で、知らずに喜んであげていたのですが、建築材で使用される木材は杉、ヒノキ、松の針葉樹であり、針葉樹成分は、殺菌効果がある為、ダニや害虫に強く建築材としては申し分ないのですが、クワガタやカブト虫の幼虫が育ち難いという欠点があります。

 とは言っても、日本の山林は人工的に植林された・ヒノキ・杉の針葉樹林がほとんどで、広葉樹(ケヤキ・ブナ・トチノキ・クヌギ・・・)と針葉樹が混在した腐葉土でも頑張って日本のカブト虫は育っているようです。

 しかし、クワガタは樹木の中で幼虫が育つため、完全に広葉樹(広葉樹のおがくず)でなければ育ちません。

 夏になって、息子が、いとこに影響され、我が家でもカブト虫を飼育するようになりました。そのとき、思ったことを書いてみました。

株式会社 清武建設 博多支店
(清武一級建築士事務所)

福岡市東区箱崎7-2-14
電話:092-201-8201(火・水・定休)
http://kiyo.jpn.com
代表取締役 清武 修一

(株)清武建設一級建築士事務所
  創業1968年 『土地の買取致します』
 
 福岡市東区箱崎7-2-14

(木工所:筑前町)

電話:0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

◆清武建設 スタッフ案内 動画
https://www.kiyotake.co.jp

◆家づくりの歴史から考える
http://mbp-fukuoka.com/kiyotake/column/12291/

この記事を書いたプロ

清武修一

清武修一(きよたけしゅういち)

清武修一プロのその他のコンテンツ

Share