マイベストプロ愛媛

コラム

B型肝炎給付金

2021年11月12日

コラムカテゴリ:法律関連

昭和23年から昭和63年までの間に満7歳になるまでに受けた集団予防接種等(予防接種またはツベルクリン反応検査)の際に、注射器(注射針または注射筒)が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方が対象となっています。
給付金の額については,50万円から最高で3600万円までとなっています。死亡・肝がん・重度の肝硬変であれば最高3600万円,軽度の肝硬変であれば最高2500万円,慢性肝炎であれば最高1250万円,無症候性キャリアの場合は最高600万円となっています。
給付金の請求期限は,2027年3月末日までとなっていますので,お心当たりの方はお早めに請求(訴訟の提起)をする必要があります。
給付要件は,①B型肝炎ウイルスに持続感染しており,②満7歳になるまでに集団予防接種等を受け,③その際,注射器の連続使用があり,④母子感染でなく,⑤予防接種以外に感染原因がないことになります。
給付要件を満たしていることを証するためにB型肝炎ウイルスに感染している旨の検査結果,母子健康手帳or予防接種台帳,母親の抗原検査結果等が必要になります。
もっとも,これらの証拠をそろえることが出来ない場合でも,事情により給付を受けられる場合がありますので,すぐにあきらめるのではなく,まずはお気軽にご相談ください。
当事務所のホームページにも新たにB型肝炎給付金についての項目を新設しましたのでご確認ください。

http://ks-law.jp/t_seikyu.html

この記事を書いたプロ

佐藤清志

困っている人の力になりたい!法律のプロ

佐藤清志(佐藤法律事務所)

Share

佐藤清志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-2780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤清志

佐藤法律事務所

担当佐藤清志(さとうきよし)

地図・アクセス