マイベストプロ愛媛
佐藤清志

困っている人の力になりたい!法律のプロ

佐藤清志(さとうきよし) / 弁護士

佐藤法律事務所

コラム

労働審判について

2019年11月2日 公開 / 2019年11月3日更新

コラムカテゴリ:法律関連

本日は,労働審判についての相談がありました。

労働審判は,労働審判官(裁判官)1人と労働関係に関する
専門的な知識と経験を有する労働審判員2人で組織された
労働審判委員会が,原則として3回以内の期日で審理し,
適宜調停を試み,調停による解決に至らない場合には,
労働審判委員会としての判断(労働審判)を行うという紛争解決手続です。
労働審判は判決ではありませんので,
て当事者から異議の申立てがあれば,労働審判はその効力を失い,
訴訟に移行します。

この制度は,労使の話し合いによる解決を志向しつつも
3回以内という短い期日で審理を終えて裁判所の判断を示す
という早期解決を企図した制度です。

ただ,終局的な制度ではありませんので
訴訟による第2ラウンドが用意されているということになります。
もっとも,この訴訟も,先に労働審判において相当程度の主張と
立証が尽きていますので,通常に比べれば早期に解決できる
と言われています。

この記事を書いたプロ

佐藤清志

困っている人の力になりたい!法律のプロ

佐藤清志(佐藤法律事務所)

Share

佐藤清志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-2780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤清志

佐藤法律事務所

担当佐藤清志(さとうきよし)

地図・アクセス