まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
城戸景子

外見とマナーを仕事の即戦力にするイメージコンサルタント

城戸景子(きどけいこ)

STUDIO STELLA

お電話での
お問い合わせ
043-296-8280

コラム

誰かのために、五輪メダルラッシュ

こんにちは
ビジネスシーンで必要とされる人を作る、イメージコンサルタント・ビジネスマナー講師の城戸景子です。

                (*写真は、ガールズチャンネルからお借りしました)

リオ五輪。日本選手団のメダルラッシュは、留まることを知りません。

日本にメダルを持ち帰りたいという選手の思い、そしてそれを応援する私達の思い。
ナショナリズムというのでしょうか、実は嫌いではありません。

「どんな色でもいいからとにかくメダルを取ってくる」
という意志や執念が特に強く感じられる今回の日本選手団。

これまでの五輪とは少し違う感じです。

それは恐らく頻繁に聞かれる「誰かのために」と言う選手の言葉のせいではないでしょうか。


「航介さんにとらせたい」と頑張った男子体操団体は金メダル。
「先輩方を手ぶらで帰すわけにいかない」と語った若干15歳の清水選手を擁する女子卓球団体は銅メダル。
卓球男子も水泳男子もしかり。

恐らく伝わらないだけで、他の競技でも同様の思いで臨んだ選手がいたと思います。

どのような頑張りも本来は個人で頑張るもの。

スポーツも勉強も仕事も「最後は自分」です。

もちろんそうです。

それでも最後の最後、歯を食いしばって頑張れるかどうかの境目に立たされた時、
人は「誰かのために」頑張れるのではないでしょうか。

「誰かのために」を持たない人は、そこで心が折れてしまいます。粘れません。

最近3000本安打の記録を打ち立てたイチロー選手。孤高の職人というイメージです。
そのイチローでさえ、「僕が打つことを喜んでくれるチームメートやファンの笑顔が嬉しい」とインタビューで答えていました。

このようなことを考えていた矢先飛び込んできたのがSMAP解散のニュース。

あぁそうか、もう「誰かのために」がなくなったのか。
残念だけれど納得の一報でした。

私たちの仕事も同じことです。

最後まで、食らいついて頑張れる、そんな「誰かのために」が、
皆さまにはありますか?


最後までコラムをお読み下さいまして、ありがとうございました。


◆◆◆・・・◆◆◆ ビジネス力を強化する「第一印象」と「ビジネスマナー」 ◆◆◆・・・◆◆◆
STUDIO STELLA 城戸景子 
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンCB棟3F MBP

(社)ジャパン・パーソナル・ブランディング協会認定イメージコンサルタント、ビジネスマナー講師
ミューズ・ブランディング・アカデミー(株)千葉校 校長

■ メール:info@stella.image-consulting.jp
■ メルマガ:成功するビジネスマナー 《サクセス マナーズ》まぐまぐより発行

この記事を書いたプロ

城戸景子

城戸景子(きどけいこ)

城戸景子プロのその他のコンテンツ

Share

城戸景子プロのその他のコンテンツ