まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山田拓也

地下の不可視部分の危険を見抜く地質・構造物調査の専門家

山田拓也(やまだたくや)

ジオメンテナンス株式会社

コラム

トンネルレーダ探査 (横断計測編)

 今回はトンネルレーダ探査においてアーチ部および側壁部を横断方向に測定した場合のレーダー探査記録のご紹介です。
一般的なトンネルレーダ探査(覆工厚調査および空洞調査)の走査方向はトンネル軸方向と同方向に探査を行います。
その探査記録から異常反応(空洞)のある位置においてアーチに沿って横断方向に探査することにより空洞の大きさや分布を把握し補修工事の基礎資料を得ることが出来ます。

今回はその横断記録とその横断記録をトンネルアーチ形状に変換した時のサンプル例をご紹介いたします。
変換後の画像から空洞はスプリングライン(S.L)より上側に存在することや空洞イメージが把握できます。

探査状況

探査結果

この記事を書いたプロ

山田拓也

山田拓也(やまだたくや)

山田拓也プロのその他のコンテンツ

Share

山田拓也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-470-8550

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田拓也

ジオメンテナンス株式会社

担当山田拓也(やまだたくや)

地図・アクセス

山田拓也プロのその他のコンテンツ