まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
伊藤龍吾

「日本人の心」を追求する空手指導のプロ

伊藤龍吾(いとうりょうご)

新國際空手拳法道「士衛塾」山梨県支部

お電話での
お問い合わせ
090-4422-5514

伊藤龍吾プロのご紹介

子どもたちの夢に真剣に向き合う空手家(1/3)

「日本人の心」を追求する空手のプロ

「日本人の心」を取り戻す武道「空手」。相手への思いやりを指導しています

 「せいっ」―。今夜も甲府市大里町の住宅街から、子どもたちの元気いっぱいの掛け声が響いています。新國際空手拳法道「士衛塾」山梨県支部長師範の伊藤龍吾さんは、空手の指導を通じて、門下生に日本人の心を教えています。
 新潟市に総本部を持つ「士衛塾」は現在、国内外約2,000人の門下生がおり、山梨県支部では4歳から50代までの60人が6つの道場で日々汗を流しています。県本部では練習は日曜日を除いて毎日行われ、月謝を納めれば何回でも通うことができます。

 伊藤さんが空手に目覚めたのは意外にも遅く、33歳の時でした。「何か武道を習いたい」という長女とともに空手を始めた伊藤さんは、次第にその面白さや奥深さにのめりこんでいったといいます。「かつてボクシングを遊び程度にはしたことがありましたが、娘と一緒に汗を流すのが楽しくてね。仕事が事務職だったこともあって、なかなか体を動かすこともなかったでしょう。気が付けば娘に負けたくないと毎日練習に励むようになったんですよ」と、伊藤さんは当時を振り返ります。
 その努力は大きな実を結び、2011年5月に行われた極真館主催の第5回全日本壮年空手道選手権大会41歳~45歳重量級の部での優勝をはじめ、これまでに数々のタイトルを獲得。また、長女と次女も10年12月にモスクワで行われた極真館主催の2010全世界青少年空手道選手権大会で姉妹で優勝を争うまでに成長し、伊藤さんも「決勝戦に臨む娘の姿に涙が止まりませんでした。生涯忘れることのできない思い出です」と話します。

 伊藤さんが指導で一番心掛けていることが「日本人の心」を教えることだといいます。「最近の子どもを見ていると、大きな声であいさつができない子どもが多いですね。また、相手の話に耳を傾けることができない子どもも増えています。武道は教育の場と考えています。日本人に忘れられようとしている、努力、忍耐、そして相手を敬うという『日本人の心』を指導することで、日本独自の文化や素晴らしさを取り戻してもらえればと思っています。日々の練習はつらくても、仲間と切磋琢磨(せっさたくま)することで確実に実力が付き、次第に礼節も身に付いていきます。空手は1人ではできません。相手が本気で取り組んでくれるからうまくなれるんです。それが相手への思いやりにつながると思います」と話します。

伊藤龍吾プロのその他のコンテンツ

Share