マイベストプロ東京
  1. 詩吟、流派でそれぞれの吟じ方が異なり私自身が勉強になっております。
堀野温代

人の心に響き、感動を与える「声」の指導者

堀野温代(ほりのはるよ) / 「声」の指導者

風・声のデザインルーム

お電話での
お問い合わせ
03-6666-2898

コラム

詩吟、流派でそれぞれの吟じ方が異なり私自身が勉強になっております。

2020年2月14日

コラムカテゴリ:スクール

本日は、女性の詩吟の生徒さんのレッスンでした。コンクールの為にお決めになられた吟題は幕末の戦いの多い時期のもの。
詩吟は日本歴史の勉強にもなりますから、とても私自身鍛えられています。

漢字、助詞、節調の意味するものなど等沢山考えますから国語力も必要です。きょうは生徒さんと涙ぐんでしまう程、切々とする吟題でした。だからこそこの時代、国を考え、人を考え、先祖を考え、家族を考え、しかしお国のために戦って逝った人物を吟ずるのは、そこに尊敬を持ち、慈悲を感じ、愛なくしてはかたれないものが有る事をきょうは、生徒さんと話し合いました。考えると声にも姿勢にもそれが生まれます。ここはこうして?と言わずとも、心がそうしてくれるのですね。心の形がそれを表す事をきょうは、まなびました。きょうの2人の涙は心からのものでした。

この記事を書いたプロ

堀野温代

人の心に響き、感動を与える「声」の指導者

堀野温代(風・声のデザインルーム)

Share

堀野温代プロのコンテンツ