まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
平野尚司

窓リフォームのプロ

平野尚司(ひらのしょうじ)

平野硝子株式会社

お電話での
お問い合わせ
053-434-0015

コラム

住まいの防犯・・・留守を見破られない工夫

住宅リフォーム

2014年9月19日 / 2014年9月22日更新

浜松の平野硝子

秋は行楽の季節、お出掛けがちになるのがこの季節です。
こんばんは。住いの建材とリフォーム工事の平野硝子です。

今回は留守がちになるこの季節に、安全なお住まいのための防犯アイデアを紹介しています。
今日は留守を見破られない工夫です。

侵入窃盗盗は、まずあなたのお住まいが留守であるかどうかを確認しようとします。つまり留守であることを感づかせない工夫が必要になります。
まず外出する時はカーテンを閉めないでおくこと、玄関やリビングの電灯をつけておくことも工夫のひとつです。

さらに夕刻になると自動点灯する照明などを工夫すれば、ひと目みただけでは留守だとは思わなくなります。
もし真っ暗の家でカーテンが閉めてあり、車もなければ、それは侵入盗の目をつける家となります。
誰かが家にいると思わせる工夫、またすぐに帰ってくるだろうと思わせる工夫などを癖づけることにより、安全な住いに近づきます。

住いの防犯の工夫、建材による抑止効果をあげるリフォームも浜松の平野硝子 053-434-0015がお手伝いいたします。

私のどうでもよい私生活は わくわくガラス社長日記 で公開中です・・・よろしければ のぞいてみてください・・・

皆様の一日が ハッピーでありますように!

この記事を書いたプロ

平野尚司

平野尚司(ひらのしょうじ)

平野尚司プロのその他のコンテンツ

Share

平野尚司プロのその他のコンテンツ