まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
平野尚司

窓リフォームのプロ

平野尚司(ひらのしょうじ)

平野硝子株式会社

お電話での
お問い合わせ
053-434-0015

コラム

裸ですから・・・浴室ドアにも安全な配慮を!

住宅リフォーム

2014年4月26日 / 2014年7月18日更新



今回はこのブログ 「窓とテラスのお話」の人気記事100から、
さまざまな窓の種類の紹介をよくご覧いただいていることか
ら、新たに窓の紹介を行っています。

住いのサッシの中で毎日ご家族が使うのは玄関と浴室、こ
こも住いの安全を図る上で大切な窓のひとつです。

こんばんは。住いの建材とリフォーム工事の平野硝
子です。

浴室のドア、折れ戸は毎日使う住いのサッシ、また汚れが
つきやすく開閉がスムーズでなければご家族の共通の問題
ともなります。
リフォームのご相談のうち、浴室回りはとても多くいただきます。

従来の浴室戸か進化して現在の浴室ドア・折れ戸は安全と
プライバシーをより守り、いざという時のケアができる機能を
持つようになっています。

従来ガラスであった開口部は樹脂パネルとなり、よろめいた
り手や足を突いたりして怪我がないようにケアされています。
またロック機能を持ち、小さなお子さんが届かない位置にロ
ックを設けるなど、住う安全を図っています。

またいざという時は浴室外から開けられるような機能も併せ
持っています。

毎日使うところだからこそ、安全で清潔にまた住う人のケア
ができる工夫が必要です。

浴室回りのサッシのご相談も平野硝子の平野 053-434-0015
がお手伝いいたします。

この記事を書いたプロ

平野尚司

平野尚司(ひらのしょうじ)

平野尚司プロのその他のコンテンツ

Share

平野尚司プロのその他のコンテンツ