まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
安達嘉信

心を癒すカウンセリングのプロ

安達嘉信(あだちよしのぶ)

フリースクール・カウンセリングルーム こころの宝石箱

コラム

定着してきた心理療法「認知行動療法」について

2012年6月15日

 「認知行動療法」は、うつ病や不安障害などの病気はもちろんですが、対人関係、仕事のプレッシャー、受験やスポーツ大会のプレッシャーなど、何かの困難にぶつかった時にそのストレスを乗り越えていく“心”の操作方法です。

 人は生まれた環境も育った環境も違います。それだからこそ、正確や考え方の違いがあり、それが個性となっています。そして、誰もが自分の個性ともいえる自分自身の《心のメガネ》を通してあらゆる現実を見ています。
 例えば、Xという事実があったとしたら、AさんとBさんの《心のメガネ》は異なりますから、Xに対する感じ方や考え方は違ってきます。
「認知」とは、この現実の事実の受け止め方や見方や考え方のことで、この「認知」の捉え方を変えることで、心のストレスを軽くしていくものです。


 認知療法の中で重要なキーワードとなるのが、「自動思考」というものです。「自動思考」とは、何かの現実があった場合に、自分の頭の中に瞬間的に浮かんでくる考えや気持ちやイメージのことをいいます。

 例えば、会社の上司がしきりに咳払いをしているとします。それを見たあなたは、「やばい、俺は何か失敗をしてしまったんだ。ものすごく叱られるに違いない」と思い、胃がキリキリと痛み出し、机から頭を上げられない状態になったような場合です。

 これは以前、上司が咳払いをした後に、ひどく叱られた経験があるため、上司がしきりに咳払いをする――――>叱られる と瞬間的に考えてしまったわけです。

 しかし、上司は本当にカゼ気味で、単なる喉の調子が悪いだけかもしれません。「上司は今日、喉の調子が悪そうだな」と考えずに、自分勝手に『仕事でミスをしてしまったかもしれないので叱られてしまう』と考え、自分でストレスを招いているわけです。


 現在、企業研修やカウンセリングルームでも、この「認知行動療法」をお伝えしています。
私が所属している「独立行政法人 労働者健康福祉機構」(松江市朝日町477-1、0852-59-5804) で研修を受け付けていますので、関心のある方は連絡してみてください。

この記事を書いたプロ

安達嘉信

安達嘉信(あだちよしのぶ)

安達嘉信プロのその他のコンテンツ

Share

安達嘉信プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-25-6343

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達嘉信

フリースクール・カウンセリングルーム こころの宝石箱

担当安達嘉信(あだちよしのぶ)

地図・アクセス

安達嘉信プロのその他のコンテンツ