マイベストプロ埼玉
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ埼玉
  3. 埼玉の医療・病院
  4. 埼玉の薬局
  5. 植松光子
  6. コラム一覧
  7. アトピー性皮膚炎:脱ステロイドを上手に成功させる方法
植松光子

アトピーや不妊の悩みに寄り添い薬膳の啓蒙を進める漢方の専門家

植松光子(うえまつみつこ) / 薬剤師

有限会社ウエマツ薬局(漢方薬膳サロン ウエマツ薬局)

お電話での
お問い合わせ
049-245-6637

コラム

アトピー性皮膚炎:脱ステロイドを上手に成功させる方法

2022年11月26日 公開 / 2022年12月1日更新

コラムカテゴリ:医療・病院

目次

第1章 ステロイド軟膏を苦しまずにやめられる方法

●ステロイド剤は使いたくない、でも使わずにはいられない
●ウエマツ薬局の漢方でよくなった方の声をきくと
●ステロイド軟膏を苦しまずに楽にやめられるには
●ステロイド軟膏の減らしかた
●すんなりステロイド軟膏が減らしていけるでしょうか?
●気を付けること

第2章 もしステロイド軟膏を使うのなら

●顔にはステロイド軟膏は使わないで
●顔の痒みがひどい時
●皮膚の薄いところはなるべく使わない。
●ステロイド軟膏を皮膚の薄いところにどうして使ってはいけないのですか?
●ステロイド軟膏以外で痒みを止めるため方法

第3章 漢方で痒みをとる方法

●漢方で痒みをとる方法はありますか?
●ステロイドと漢方薬の軟膏は併用できますか?
●重ね塗りをするときはどちらが先でしょうか?
●ステロイド軟膏と漢方薬の働きはどう違うのですか?
●漢方の軟膏で皮膚を丈夫に
●漢方を飲めば再発しませんか?
●どうして再発するのでしょうか?

第4章 再発を防ぐには

●再発を防ぐにはどうしたらよいでしょうか?
●アトピーは一生治らないのでしょうか?
●不養生とはどういうことですか?
●漢方にはどういうものが入っているのですか?
●症状はどのように分類されるのですか?

第5章 体験談

① ステロイドのリバウンドを漢方で克服して
副題:痒みとサヨナラ

② 脱ステ後、漢方でアトピーがよくなり、生きるのが楽になりました
副題:生きるのが楽になりました

③ 再発をくりかえすアトピーが改善してきました
副題:夜明け~アトピーからの卒業~


第1章 ステロイド軟膏を苦しまずにやめられる方法


●ステロイド剤は使いたくない、でも使わずにはいられない
脱ステロイドを苦しまずに成功させることは「やめる方向」で行くこと。そして同時に丈夫な肌と体質をよくする漢方薬を併用していくとほとんどの人がやめられます。
完全にやめられなくても減らしていくことができています。
その方法をこれからお伝えしましょう。      

●ウエマツ薬局の漢方でよくなった方の声を聞くと
ウエマツ薬局に来店され、よくなった方の「喜びの声」を読むと、今までの葛藤が切々と書かれていて胸がつまります。
初めはステロイド軟膏がよく効いていたのに効かなくなった。そこで初めてステロイド軟膏に疑問を持った。治すものではない。副作用も心配。痒みで眠れない。ステロイド軟膏を使っているから治らないのだ、と思い込んできっぱりステロイド軟膏をやめ、ひどいリバウンドで夜も眠れない、学校や仕事にも行けなくなった人も多くいます。
            
●ステロイド軟膏を苦しまずに楽にやめられるには
ズバリ、漢方薬と併用していくことです。すぐやめないこと。ただしやめる方向で行くことです。
ステロイド軟膏は毎日症状を見ながら少しずつ減らしていきます。
漢方薬は飲んだ日から効くわけではありません。血液の寿命は120日といいます。漢方薬が効くまでそれくらい考えたほうが気も楽です。しかし食事と睡眠に気を付けてウエマツ薬局の漢方煎じ薬を飲めばもう少し早く効くと思います。

以前脱ステロイド軟膏で全身赤くなり、ガビガビになり、髪の毛もすっかり抜けてしまった30代の女性が来店されました。でも漢方の煎じ薬だけできれいになり、髪の毛もすっかりきれいに生えそろいました。その時からもう10年近く経ちました。今でもひどい再発はなく、きれいなまっしろな肌です。でも疲れると時々小さな水泡が指に出たりしますので、今も毎日漢方薬を少しずつ飲んでいます。

初診

2ヶ月後

4年後
掲載本人承諾済

●ステロイド軟膏の減らしかた
漢方薬を飲み始めて一か月間はステロイド軟膏を減らさないこと。そのあと症状がよくなってきたら毎日2回の使用を1回にして一か月様子を見る。次に一日1回を一日おき、よくなってきたら二日おき、三日おきといった具合です。次第に七日に一回くらい30日に1回くらいにほとんどの方は減らしていけています。ほとんどの方が最後は完全にステロイド軟膏はやめられています。

●すんなりステロイド軟膏が減らしていけるでしょうか?
アトピー性皮膚炎のアトピーはギリシャ語で「不思議な」という意味です。
しっかり漢方薬を飲んでいても、睡眠や食事がきちんと出来なかったり、くよくよ心配ばかりしていると治す力が発揮できず、治りが悪くなります。
一直線に治っていくのではなく、波型に治っていきます。慣れてくると真っ赤な顔になっても「大波ね」と笑いながら来店されたお嬢さんもいます。
痒みを抑えるためにステロイド剤ほど効果のある薬は多くはありません。
無理をしないで我慢できない時はステロイド軟膏を使いましょう。皮膚が丈夫になっていくと痒みも軽くなり、いつの間にかステロイド軟膏を使う場所が減っている自分に驚くことでしょう。

●気を付けること

ステロイド軟膏が七日に1回くらいになると、中には痒くなっても我慢して塗るのをやめてしまう人がいます。
痒くなる、ということはまだアトピー性皮膚炎が治っていない、ということです。
最近の皮膚科学会の標準治療法は「痒みが納まってもステロイド軟膏はすぐにはやめない。一か月に1回くらい使っていた方がよい」という見解です。
それくらいの使用頻度では副作用はほとんど出ません。
我慢して使わないでいると治っていないのでまた悪化することがあります。
でも大丈夫。漢方を飲んでいると免疫力がついて悪化しなくなるのです。そこが漢方を飲むのと飲まない人の違いです。

第2章 もしステロイド軟膏を使うのなら


●顔にはステロイド軟膏は使わないで
ステロイド軟膏の副作用の一つに皮膚を薄くし、萎縮させることがわかっています。顔の皮膚は足の裏に比べると100分の1くらいの薄さなので、塗ったところはすぐ薄くなりやすく、薄くなると皮膚の下の血管が透けて顔が赤ら顔になり、いったんなると治りにくいのです。赤みが薄くなってもかゆみは長年続きます。

●顔の痒みがひどい時
しかしあまりに痒みがひどく掻き傷だらけになるようでしたら、一人で悩まないで医師に相談しましょう。短期で収まるくらいの強さのステロイド軟膏か、ステロイド軟膏以外の治療になるかもしれません。
短期間で赤みを抑えないと逆に色素沈着が残ることがあります。
弱い軟膏を長期間塗っている方が逆に副作用が出ます。
副作用は「ステロイド軟膏の強さ×期間」なのです。
ご自分の気持ちをしっかり説明し、医師としっかりコミュニケーションを取りましょう。
赤みに効果のある漢方の煎じ薬も併用すると早く効果がでます。


●皮膚の薄いところはなるべく使わない
人におけるステロイド軟膏(ヒドロコーチゾン)の部位別吸収比は腕の内側を「1」とすると顔は13倍、わきの下3.6 頭皮3.5と吸収しやすいのです。逆に手のひら0.8、固い足の底は0.14です。
それに比べて陰嚢、膣、乳首は薄く、その陰嚢はなんと「42」です。
特に陰部は蒸れて薄いので痒くなりやすく、人前では掛けない場所ですので、辛いものです。ここには漢方の軟膏でよいものがあります。
写真:紫雲膏
ウエマツ薬局HPオンラインショップ:https://kanpo-bijin.shop-pro.jp/

●ステロイド軟膏を皮膚の薄いところにどうして使ってはいけないのですか?
ステロイド軟膏は前述したように、皮膚を薄くする副作用があります。乳首は将来赤ちゃんがおっぱいを吸うところです。元来乳首の皮膚は薄くて破れやすいところです。ステロイド軟膏を使っていると薄くなり、母乳を吸わせるときに切れて痛い思いをするかもしれません。そのためには痒みを止めるために、なるべくステロイド軟膏以外のもので治していくようにしましょう。

●ステロイド軟膏以外で痒みを止めるため方法
冷やすと脳は痒みより冷感の方を感じて痒みを忘れる仕組みになっています。蜂に刺された、などと違ってアトピーの痒みは「不思議な」という語源の通り、外から何もなくても、体の中から湧き上がるのです。
痒くなったら、まず冷たい水をタオルかコットンに含ませて幹部に当てます。
氷やアイスノンは冷やし過ぎて、逆に外したときに熱く感じてしまいます。水が蒸発するときに出る気化熱で皮膚の熱さを取り、冷やした方が効果的です。
睡眠中はパンウオーターのミストも痒みはまぎれます。
写真:ジネンミスト

第3章 漢方で痒みをとる方法

●漢方で痒みをとる方法はありますか?
あります。私が研修で行った中国の病院では、ひどいアトピー患者さんはすぐ入院です。そして漢方薬の煎じ薬と漢方薬の煎じた汁で全身シップします。そのあと漢方の軟膏をたっぷり塗ります。漢方煎じ薬のお風呂にも入ります。大体1週間で退院するそうです。
日本でも漢方生薬の粉末を溶かした汁でシップする方法があります。

写真:皮膚科が中国有数の雲南中医薬大学附属病院 

●ステロイドと漢方薬の軟膏は併用できますか?
できます。
ステロイド軟膏を塗るのは1日1回か2回です。漢方のシップや軟膏はそれ以外に1日何回使っても大丈夫です。ステロイド軟膏でとりあえず痒みをおさえ、漢方の外用薬で皮膚の乾燥をおさえ、皮膚を丈夫にしていくのは効果的です。

●重ね塗りをするときはどちらが先でしょうか?
急ぐ時重ね塗りをする場合は初めに漢方の軟膏、次にステロイド軟膏を塗った方が安全です。なぜなら先にステロイド軟膏を塗ってから漢方の軟膏を塗るとステロイド軟膏が、アトピーが出ている場所以外に広がり、そこは皮膚が薄くなる恐れがあるからです。
ただし痒みがひどいときは先にステロイド軟膏を塗るのもやむを得ないでしょう。

中黄膏        紫雲膏

●ステロイド軟膏と漢方薬の働きはどう違うのですか?
ステロイド軟膏は消防自動車。漢方は火事で焼けた家を作り直す大工さんの役割をします。
アトピー性皮膚炎は炎症、すなわち火がたくさん燃えている状態です。火が強ければ消防自動車の数はたくさん必要です。
少ないと火は完全に消えません。
ステロイド軟膏も同じです。その炎症の程度に合った強さのステロイド軟膏を指示通り使って早く症状をおさえましょう。

●漢方の軟膏で皮膚を丈夫に
そのあとしっかりと再発しないよう、漢方薬で皮膚を丈夫にして、再発しないようにしていきます。
アトピーの漢方薬も同じで、症状がひどければたくさんの量の漢方薬、軽ければ少なくなります。
漢方は量と効き目と金額は比例します。ですから初めは高いこともありますが、よくなっていけば安くなりますから、頑張って早くよくしましょう。

第4章 再発を防ぐには


●漢方を飲めば再発しませんか?
絶対再発しない、とは言い切れません。しかし創業41年のウエマツ薬局において植松光子の経験では10年以上再発していなく漢方のクリームだけお買いに見えている患者さんは多くいらっしゃいます。
その経験から「アトピーは中医学と薬膳で治す」<二見書房>を2005年に出版しました。
それから17年経ちますが、いまだにその本を本屋さんや図書館などで読んで全国から多く来店されています。症状が改善され、胃腸など弱い体質を治す漢方薬を気長に少しずつ飲んでいる方はほとんど再発しません。
しかし少し良くなっただけで漢方を飲むのをやめてしまった方は数年経ちますとまた悪化して来店されます。しかし二度目は短期間で改善されるので、喜ばれます。多分漢方で治す力が出てきていたと、思われます。

●どうして再発するのでしょうか?
悪化の原因は甘いもの、揚げ物、辛い物の食べ過ぎ、飲み過ぎ、早食い、遅寝と睡眠不足、
環境の変化・・就職、転居など。
ストレス・・失恋、離婚、退職、人間関係など
様々な要因で悪化します。それが単なる痒みと違い、「不思議な」病気と言われるゆえんです。●再発を防ぐにはどうしたらよいでしょうか?

ウエマツ薬局で再発して真っ赤な顔で来店された方に「どうしたの!?」とお聞きしますと、ほとんどの方がご自分で原因がわかっています。
それは漢方相談でいらしていた間に私が繰り返しお話ししてきたからです。しかし人間は弱いものです。
「よくなったのでお菓子を3日間食べまくっちゃいました」
「ビールをいっぱい飲んじゃいました」
アトピーが「不思議な」病気、と言われるゆえんです。
窮屈だと思っていた養生、食事、睡眠、心の持ち方などいつの間にか習慣となって身についてくると再発しなくなり、心も、体も丈夫になってくるのです。

●アトピーは一生治らないのでしょうか?
その答えは例えてみると、風邪を引きやすく風邪薬ばかり飲んでいた人が、食事、睡眠、運動と気を付けていけば風邪を引かなくなります。
では一生風邪をひかないか、と言えばそうは言えません。

気が緩んで不養生になればまた風邪ばかり引くようになることもあります。
この例えとアトピー性皮膚炎は同じだと考えてよい、と思います。

●不養生とはどういうことですか?
寝不足、遅寝、食べ過ぎ、飲み過ぎ、甘いお菓子やスナック菓子の食べ過ぎ、冷たいものの摂り過ぎで免疫力が落ちることです。
私が中国で研修を受けた漢方の皮膚科の名医は「美味しいものは全部だめ」と患者さんに教えていました。

写真:広州皮膚科研修風景 漢方人間国宝 禤国維教授
後ろは研修中の筆者 植松光子

養生はとても大事な要素です。しかし養生だけでは足りない人は漢方薬の力も借りてもいいでしょう。

●漢方にはどういうものが入っているのですか?
医食同源、薬食同源とも言います。
漢方薬の処方には食べ物も一杯入っていて免疫力をつけるようになっています。
例えば寒気のする風邪の初期に飲む葛根湯には、葛、生姜、ナツメ、シナモンと漢方薬が配合され、寒気が取れて元気に治るのです。
アトピーの処方にはこもった熱をとるもの、ジクジクした汁や腫れを取るもの、痒みに効くもの等多くの生薬が配合されてその症状や体質に合わせて用いると効果が出るようになっています。


●症状はどのように分類されるのですか?

血熱・・・皮膚が真っ赤・熱感・イライラ・便秘・口が渇く・目が充血                
湿熱・・・赤く腫れてジクジク・掻くと汁が出る・水疱・便が軟らかで臭い     
カサカサして赤い・亀裂がある・・・かゆみはひどい・落屑が多い・冬悪化
慢性化・・・黒ずんでガサガサ・ゴワゴワ・皮溝が見える アミロイド

第5章 体験談


① ステロイドのリバウンドを漢方で克服して
副題:痒みとサヨナラ

② 脱ステ後、漢方でアトピーがよくなり、生きるのが楽になりました
副題:生きるのが楽になりました

③ 再発をくりかえすアトピーが改善してきました
副題:夜明け~アトピーからの卒業~


アトピー・乾燥肌・生きるのが楽に

この記事を書いたプロ

植松光子

アトピーや不妊の悩みに寄り添い薬膳の啓蒙を進める漢方の専門家

植松光子(有限会社ウエマツ薬局(漢方薬膳サロン ウエマツ薬局))

Share

植松光子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
049-245-6637

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

植松光子

有限会社ウエマツ薬局(漢方薬膳サロン ウエマツ薬局)

担当植松光子(うえまつみつこ)

地図・アクセス

植松光子プロのコンテンツ