まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
角野裕美

小論文指導と自己表現・進路アドバイスのプロ

角野裕美(かどのひろみ)

Office Catalyst(オフィス・カタリスト)

コラム

高校生のためのライフキャリアを見つめるために!~②短所は長所!?コインの裏表~

ライフキャリアについて

2013年5月31日 / 2014年5月23日更新

オフィスカタリストの角野裕美です( ..)φ

前回このテーマの①で御紹介した、「自分を知る」ということに関しての続きです。

具体的な取り組みとして…!(^^)!

「・「自分を知る」~自分分析ノートをつくろう、ということ。
①自分史年表を作る
②過去から自分の「核」を探す
③自分の性格を知る
④高校生活で得たことを考える
⑤職業として何をどう働いていくのか、進学先で何をどう学ぶのかを考える
⑥第三者に分析してもらう

①~⑥から、自分の「興味・関心・価値観」をつかむことができます。
「マイ・ノート」として、これらに取り組んでもらうのが第一歩、です。」
ということを御紹介いたしましたが、そのなかでも特に③の自分自身のことを見つめ、言葉に表すというところから、「短所は長所!?コインの裏表」というお話でございました。






ではどのような感じか、挙げてみましょう(#^.^#)
「短所」を先に挙げ、→のあとは「長所」です。

「口下手である」 → 「聞き上手である。」

「おせっかいをすぐやく」 → 「面倒見がいい」

「飽きっぽい」 → 「いろいろなことに興味を持つ、好奇心旺盛」

「こだわりが過ぎる」 → 「ひとつのことに取り組める」

……。などなどですが、如何でしょうか?
ものもいいよう、という言葉があり、若干悪いニュアンスで使いがちですが、この場合はそうではありません。あくまでも、いいところを見つめ、それをいかしていこうということですので(^^♪

自分史年表を作ることで、自分の「興味・能力・価値観」というものが、どんどん明確になってくると思います。
まさに、キャリアを考える指針がこの、「興味・能力・価値観」なのですね。
人間である以上、興味のあることはやはり取り組みやすいし、その能力も必然的に上がってくるものです。

それらを自分ではない、他者に伝えていくためにも、言葉を選び、よりわかっていただける表現で、文章を作り上げたいものです。

そのためにも、この「マイ・ノート」からの取り組みが大切だと私は考えて、ご指導しております。

ではこの続きは、高校生のためのライフキャリアを見つめるために!③にて、アップいたします!
また、是非、お読みくださいね<m(__)m>



⇒⇒⇒Twitterで書くことへの日々の気づきを絶賛(^◇^)発信中!フォロワーさん大歓迎!
https://twitter.com/hiromi_kadono

この記事を書いたプロ

角野裕美

角野裕美(かどのひろみ)

角野裕美プロのその他のコンテンツ

Share

角野裕美のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-19
instagram
Instagram
facebook
Facebook

角野裕美プロのその他のコンテンツ