まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
新井吉秀

漢方薬のプロ

新井吉秀(あらいよしひで)

漢方誠芳園薬局

お電話での
お問い合わせ
06-6480-8525

コラム

原発性胆汁性肝硬変について

2010年2月26日


原発性胆汁性肝硬変は、肝硬変という名前はついていても肝硬変ではない時期が長い。

原発性胆汁性肝硬変は、最初から肝硬変なのではなく、肝臓の中の胆管の慢性炎症から始まります。

この状態が長く続いていくと、数年かけて線維増殖を経て肝硬変に至ることがあります。

同じ原発性胆汁性肝硬変という病名でも、その進行度や重症度によって症状は大きく異なります。

原発性胆汁性肝硬変は、免疫低下により、
自己抗体の(抗ミトコンドリアM2抗体)が高くなって胆管を攻撃して発症する自己免疫疾患です。

西洋医学ではこの自己抗体を正常化する方法がないために、進行を遅らせることに努めますが。。。


当店では、まだ肝硬変になっていない人には
漢方薬と免疫強化によって、抗ミトコンドリア抗体を正常化し、治癒を目指します。

胆汁性肝硬変に至った場合には、他の原因による肝硬変と同じような治療をします。

漢方薬は病院の薬と併用してもぜんぜん大丈夫です。

まずは2~3ヶ月の漢方薬と免疫強化によって、血液検査や体調の変化を実感すると思います。

詳しくはhttp://www.seihouen.ne.jp/newpage-genpatusei-tanjusei-kankouhen.htmをご覧ください

この記事を書いたプロ

新井吉秀

新井吉秀(あらいよしひで)

新井吉秀プロのその他のコンテンツ

Share