マイベストプロ大分

コラム

講習時画像と落下距離について

2022年6月20日

テーマ:フルハーネス 玉掛け 足場 技能実習生 

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 企業研修人材育成 研修

こんいちは(^^)

日曜日の講習写真です!



講習をしているとやはり多いのが
落下距離についての不安や質問です。

6.75m以上や建設業は5m以上から推奨など
書かれているためよくわからないなどです。

6.75m以上は第二種ショックアブソーバー、
5m以上は第一種ショックアブソーバーの
あくまで最大値で計算した場合です。

「 ランヤードの長さ 1.7m
  手すりの高さ(フック位置) 85㎝
  D環の高さ 145㎝
  第一種ショックアブソーバー 1.2m
  第一種ショックアブソーバー 1.75m 」

上の値から
自由落下距離(落ちる前の足元から落ちた後の足元までの距離)と
ショックアブソーバーの伸びの最大値 + フルハーネスなどの伸び(1m)を
計算してでた値となります。


※転載等禁止。

第一種ショックアブソーバーの場合の計算です!


フックをかける位置が高くなったり、
ショックアブソーバーの伸びが短いもの、
ランヤードが短いもの等を使用すれば
落下距離は短くなります!

詳しくはショックアブソーバーに記載されている
落下距離を確認してください!

低作業の場合であれば
ロック機能付き巻き取り式ランヤードを使用しましょう!
落下時20~30㎝でロックがかかり墜落を制止してくれます!


ご質問等ございましたらご連絡ください(^^)

--
株式会社九大技建
新規事業推進室
玉田将洋
〒879-5421
大分県由布市庄内町柿原236番地
電話:097-582-3588 fax:097-582-3580
携帯:080-8390-1529
Email:kyudaigiken.tamada@gmail.com
URL:株式会社九大技建

この記事を書いたプロ

玉田将洋

現場で安全に働くためのさまざまな知識を伝授するプロ

玉田将洋(株式会社 九大技建)

Share

関連するコラム

玉田将洋プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-582-3588

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

玉田将洋

株式会社 九大技建

担当玉田将洋(たまだまさひろ)

地図・アクセス

玉田将洋プロのコンテンツ