マイベストプロ三重
前川晶

どんな問題にもスピーディーに対応する開業と相続のプロ

前川晶(まえかわあきら) / 税理士

税理士法人トータルサポート

コラム

今月の税務相談[三重 松阪 税理士]

2020年5月1日

コラムカテゴリ:法律関連

相続で取得した財産の取得費と取得日の考え方


[相談]
 私は10年前(2010年2月3日)に夫を亡くし、その際に相続で数筆の土地を取得しました。
 このたび、その土地のうち1筆を売却することになったのですが、その売却について、所得税法上の売却損益(譲渡所得)の計算の基礎となる取得費や取得日は、どのように考えるべきものなのでしょうか。
 なお、その土地は亡くなった夫が2000年1月15日に2,000万円で購入したものです。

回答はこちら
https://www.ts-taxco.com/news-contents_6230.html
(リンク先の閲覧有効期限は半年です)

浄化槽法定検査手数料についての消費税の取扱い

[相談]
 私は会社で経理事務を担当しています。
 先日、会社がある団体(県知事の指定を受けている一般社団法人である検査機関)に浄化槽の定期検査を依頼してその手数料を支払ったのですが、その領収書には「法定検査(11条)手数料」との記載がありました。
 この手数料について、消費税はどのような取扱いとなっているのでしょうか。
回答はこちら
https://www.ts-taxco.com/news-contents_6231.html
(リンク先の閲覧有効期限は半年です)


毎年110万円以内の贈与でも、贈与税が発生してしまう場合とは

[相談]
 私は今年から、現金で毎年110万円ずつ、子に贈与をしたいと考えています。
 その贈与にあたって、毎年贈与契約書などの書面を整備するのは事務作業が煩雑なため、例えば、最初の贈与時点において「今後毎年110万円を、20年間にわたって贈与する」というような贈与契約書を子と取り交わし、その後の各年の贈与については、その贈与契約書にもとづいて行おうかと考えています。
 このような方法について、税法上の問題があれば教えてください。
回答はこちら
https://www.ts-taxco.com/news-contents_6228.html
(リンク先の閲覧有効期限は半年です)

この記事を書いたプロ

前川晶

どんな問題にもスピーディーに対応する開業と相続のプロ

前川晶(税理士法人トータルサポート)

Share

前川晶プロのコンテンツ