まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
江川伸二

教育相談のプロ

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

コラム

中入試に向けてご家庭にお願いしたい事

中学入試

2014年6月6日

前回は、生徒たちが苦手にしやすい算数について今年の京都の中学入試の全般的な傾向を振り返り対策について書きましたが、今回は今後の中学入試に向けてご家庭にお願いしたい事を書いてみたいと思います。

具体的な勉強方法や教科指導については、現在お子様がお通いの塾から指導があると思います。また、志望校を早めに決める事や教科ごとの勉強方法なども塾から指導があるでしょう。ネットなどにもたくさんの記事が出ていますので、ここで繰り返す事はしません。大切な事は、中学入試に合格するためには、ご家庭のご協力が必要である、という事です。塾とご家庭とが協力体制を組んでお子様を合格に向けて後押しする事が必要です。お子様が走っている姿を観客席から見て声援を送るのではなく、競技場に降りてお子様と一緒に走ってあげてください。
そこでお願いがあります。お子様の志望校が決まったら、志望校の過去問題を入手してください。過去問題を入手したら自分が受験生になったつもりで、制限時間内で全科目を解いてみてください。お子様がどれほど高いハードルにチャレンジしているのかが分かっていただけると思います。
その上で、ではどうすればお子様を合格に向かわせることが出来るのか?塾で何をして、ご家庭では何をすれば良いのか?お通いの塾と相談してください。

中学入試の準備で特に時間がかかる科目は算数です。難関と言われる中学では、1問1問が難しく、一筋縄ではいかない問題が出題されます。一方、算数の問題1問にかける事が出来る時間は一般的におよそ3分前後です。例えば今春、洛南高校附属中学では制限時間70分で問題数が30問。単純計算すると1問にかける事が出来る時間は、問題を読んで問題内容を理解する時間も含めて平均2分20秒という事になります。つまり、問題を読んで瞬時に解き方が分かる、という所まで力を高める必要があります。塾ではそこまで力を高めるための指導をする事になります。時には厳しく指導する事もあると思います。

中学入試に向かうお子様は毎日ハードな勉強をしています。テストの成績が出てつらい思いをする事もあると思います。そういう事を全て乗り越えた先に合格があります。ご家庭では勉強面・精神面・健康面、全て含めてしっかりとサポートしてあげて欲しいと思います。

<お知らせ>
①京進の夏休み講習のお知らせ
京進HP

②さらに広く学習相談を受け付けるため、学習相談専用のフリーダイヤルを開設しました。
京進これから研究所内「江川先生の学習相談ダイヤル」:0120-770-878
5月8日(火)スタート
すでにお子様の学習相談や受験についてのご相談電話を多数いただいております。
電話受け付け:祝日を除く、火・金の13:00~18:00
お子様の勉強についてお気軽にご相談いただければと思います。

(京進これから研究所とは?)
京進これから研究所では、将来にわたって生徒さんに役立つ何かを提供できるように教育企業としてできることを日々研究しています。新規事業の種(シーズ)の収集や新商品の開発、教育指導方法、生徒さんのやる気向上の問題などを研究しております。

この記事を書いたプロ

江川伸二

江川伸二(えがわしんじ)

江川伸二プロのその他のコンテンツ

Share

江川伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二

株式会社京進

担当江川伸二(えがわしんじ)

地図・アクセス

江川伸二プロのその他のコンテンツ