まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
四ノ宮直樹

時代のニーズに応えるお墓のプロ

四ノ宮直樹(しのみやなおき)

有限会社 四宮石材工業

コラム

第34回 読売書法展

ブログ

2017年11月13日



丸亀 四宮石材の四ノ宮です。

先日、第34回 読売書法展(四国展)をサンメッセ香川へ見に行ってきました。
毎日書道展、産経国際書展と並ぶ全国規模の公募展ですが、私の所属する青澄の皆様も数多く展示されています。

今回、私は2尺×6尺(縦60㎝×横180㎝位)サイズで、西行の歌を書かせて頂きました。




「面影に 君が姿を みつるより にはかに 月の曇りぬるかな」

中央部のかっぴつ部分。。。
墨量が足らないのではないか。。。
などなど。。。
今回も自分の作品の前で、反省しきりでした。

よく、かなの作品は読めないと言われますが、かなの作品には現代の漢字やひらがなには使用しない文字が使われます。
例えば今回の作品でしたら、文頭の「おもかげに」の部分は「お毛可遣二」と書いています。

これは変体仮名と呼ばれるものでして、かな作品には多く使われます。
確かに、正直慣れないと難しいかもしれませんが、この変体仮名を使うことによって、ひらがなだけで書くより変化が出て、作品っぽくなります。

また、調和体と言う部門もあり、これはいわゆる読める書です。

ただ、漢字作品にしてもかな作品にしても、読める読めないより、立体感や構成などを楽しんでいただければと思います。 
私の作品以外で。。。

この記事を書いたプロ

四ノ宮直樹

四ノ宮直樹(しのみやなおき)

関連するコラム

四ノ宮直樹プロのその他のコンテンツ

Share

四ノ宮直樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-39-4114

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

四ノ宮直樹

有限会社 四宮石材工業

担当四ノ宮直樹(しのみやなおき)

地図・アクセス

四ノ宮直樹プロのその他のコンテンツ