まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
井上健

頭痛診療のプロ

井上健(いのうえけん)

いのうえ内科脳神経内科クリニック

お電話での
お問い合わせ
082-233-0747

コラム

運動をすると頭痛が起こります。一次性運動時頭痛について!クモ膜下出血のときも同じ頭痛なので注意!

広島の頭痛外来

2018年10月14日 / 2018年11月11日更新

激しい運動をして頭痛になる

とくに今年のような(2018年)暑い気候、高い所の土地でおこりやすい。
重量挙げ選手などは結構な率で起こっていて、あまり気にされてないのではと懸念。
後述しますが、激しい運動時の頭痛は危険な頭痛が含まれるんです。



片頭痛は運動などによって誘発されることが知られております。
血管が運動によって拡張する機序があり、それと関係するといわれております。
片頭痛の患者さんが運動中や運動後にいつもの頭痛がおこるのは大丈夫です。
(ただし初発の頭痛の場合は要注意!お医者さんへ!)

一次性運動時頭痛

本日はこの片頭痛による運動時の頭痛でなく、一次性運動時頭痛という少し特殊な頭痛について語ります。
名前の通り、この頭痛は一次性なんで脳出血やクモ膜下出血などの二次性頭痛と異なり生命を脅かすことはありません。
ただし
クモ膜下出血の症状としても同様のことがおこりますので脳神経の専門医のところに受診することが必須。
当院では、この訴えで当院受診されるかたは年に十数名です。
その中でクモ膜下出血や椎骨動脈解離という血管が切れる病気、可逆性脳血管攣縮症候群という脳血管がけいれんをおこす病気などの器質性頭痛であった例は数例です。
つまり8割がたの患者さんは一次性運動時頭痛であったといえます。

一次性運動時頭痛は多くの場合、脈をうつような痛みです(拍動性頭痛)。
半数くらいのかたは五分間以内に頭痛はなくなります。
でも二日間くらい続いた症例もあるようです。
つまり48時間以上続く頭痛であれば一次性運動時頭痛は考えにくいです。

一次性運動時頭痛の病態生理学的機序

この頭痛の病態生理学的機序は不明。
血管性機序が有力ですが。
身体的な運動によって二次的に静脈あるいは動脈が拡張します。
それで痛みがでるんだろうと。
またこの頭痛を経験されるかたの一部に内頚静脈弁がうまく閉まらないといわれてます。
この頭痛を持つ方の7割のかたが内頚静脈弁の不全があるのに、健常者では2割くらいのかたのみに内頚静脈弁の不全がみられるんです。
頚静脈の逆流で頭の中の静脈血がうっ血するというのが頭痛の原因とのこと。
器質的異常があるんじゃない?
現時点ではこの弁の不全は病気として考えられるレベルにはなりません。
だから器質的異常はないとされてます。

治療

私どもの経験では多くの一次性運動時頭痛は一~二か月で運動時頭痛は消失するようです。
その間は運動を控えるように指導します。
大会など控えている選手の患者さんにはインドメタシンというお薬の運動前に飲んでいただくこともあります。

まとめ

一次性運動時頭痛というのを紹介しました。
クモ膜下出血や椎骨動脈解離、可逆性脳血管攣縮症候群などを鑑別する必要があるので必ず脳神経のお医者さんに診てもらってください。

当院を受診していただけるかたへ

当院は予約なくても受付時間内でしたらいつでも受診されてください。
初診のかたは初診受付というシステムもつかっております。
ホームページ右上からお入りいただけると助かります。
*当院の前の道路(江波線を東に一本入ります)は南から北の一方通行ですのでお気をつけください。

この記事を書いたプロ

井上健

井上健(いのうえけん)

井上健プロのその他のコンテンツ

Share

井上健プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-233-0747

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上健

いのうえ内科脳神経内科クリニック

担当井上健(いのうえけん)

地図・アクセス

井上健プロのその他のコンテンツ