マイベストプロ広島
  1. 危険な頭痛 脳腫瘍と耳鼻咽喉科の腫瘍 早朝時の頭痛と局所の頭痛には注意を
井上健

頭痛診療のプロ

井上健(いのうえけん)

いのうえ内科脳神経内科クリニック

お電話での
お問い合わせ
082-233-0747

コラム

危険な頭痛 脳腫瘍と耳鼻咽喉科の腫瘍 早朝時の頭痛と局所の頭痛には注意を

2017年9月3日 公開 / 2019年4月14日更新

テーマ:広島の頭痛外来

阪神の横田慎太郎外野手(22)が脳腫瘍から復帰されました。頭痛を訴えてキャンプを離脱し病院にいき脳腫瘍と診断されたそうです。詳細は不明ですが病気との闘いにも勝つことを心よりお祈りします。

脳腫瘍の場合、脳の中に正常組織とは別の体積のものができるので脳圧(のうあつ)が亢進して頭痛が出現します。
したがって頭を下げている早朝時などに頭痛が初期症状として出現することがよくあります。
また、脳内に限らず顔面や歯科領域の腫瘍も徐々に大きくなるので局所を中心に痛みが続くことが多くあります(正確には訴えの位置と腫瘍の位置は異なることが多いです)。このような頭痛は危険信号であり、できるだけ早期に画像診断ができる施設に受診してください。また一度の画像診断で異常ないと言われても、画像診断を繰り返す必要があります。腫瘍が小さかったり撮影条件により見えたかったりするからです。

当院を受診していただけるかたへ

当院は予約なくても受付時間内でしたらいつでも受診されてください。
初診のかたは初診受付というシステムもつかっております。
ホームページ右上からお入りいただけると助かります。
*当院の前の道路(江波線を東に一本入ります)は南から北の一方通行ですのでお気をつけください。

この記事を書いたプロ

井上健

頭痛診療のプロ

井上健(いのうえ内科脳神経内科クリニック)

Share
関連するコラム

井上健プロのコンテンツ