まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
遠地謙介

広島県広島市 社会保険労務・就業規則・助成金・給与計算のプロ

遠地謙介(おんじけんすけ)

アーチ広島社会保険労務士法人/広島県広島市

コラム

広島県による建設業許可業者の社会保険未加入指導

アーチ広島社会保険労務士法人業務内容

2013年7月3日 / 2014年7月4日更新

アーチ広島社会保険労務士法人でお受けさせて頂いている相談内容として増えているのが、国土交通省、広島県による建設業者の社会保険未加入指導の対応があります。

広島県建設業社会保険加入

これはどのようなものかといいますと、建設業者の所轄官庁である「国土交通省・各都道府県」と社会保険の所轄官庁である「厚生労働省」が連携をして、平成29年には100%の建設業者が社会保険に加入することを指導、徹底していくというものです。  
詳細は国土交通省のサイトをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk2_000067.html

社会保険に未加入のままでしたら下記のような取り扱いを受ける事になりました。

・経営事項審査の評価が下がる事になりました。
・建設業許可申請時、更新時に加入を求められます。
・施工体制台帳に保険加入状況を記載する必要があります。

上記に基づいて、既に建設業新規許可申請時、建設業許可更新時に社会保険に未加入の場合、広島県より指導書が建設業者に届いています。指導書によると、社会保険加入手続を行い、社会保険加入手続完了後報告という流れとなっています。
 指導によっても社会保険に加入しない企業には、年金事務所、労働局に通報されて、場合によっては、営業停止処分を受けたり、下請けとして入れなくなります。

社会保険へ加入するということは、確かに、社会保険料負担の増大に繋がるわけですが、マイナスの影響ばかりでなく、プラス面もたくさんあります。

主なメリットとして、

・従業員の福利厚生の充実(健康保険、厚生年金保険に加入、年金の充実だけでなく、障害、遺族に対する給付の充実)
・会社の信用力が上がる(社員とその家族、求職者、金融機関、取引業者から)
・ハローワークの求人(無料)が利用できるようになる。
・雇用に関する助成金が活用できるようになる。

等があります。

 厳しい社会情勢の中、今後は建設業界のみならず、すべての業界において企業は選別されることとなり、コンプライアンス(法令遵守)は勿論のこと、社会的責任(CSR)を認識し、地域社会へ貢献する等、選ばれる企業になっていかなければ淘汰されてしまうという益々厳しい時代になっていくことでしょう。
 今や、給料の3割が法定福利費と言われる時代です。その負担を踏まえた計画を作成し、社会保険加入により会社の存続が危うくならないように、適正な社会保険料削減 を実施しながら、売上や粗利の増加、経費の削減を実施できるように経営していく必要があります。

弊社では、社会保険加入の場合には、社会保険料負担を考慮し、適正な社会保険料削減
(参考:アーチ広島社会保険労務士法人HP社会保険料削減のページhttp://www.office-onji.com/shakai/jinji_roumu.html
を意識し、社会保険新規加入の手続きを行っています。また、行政書士事務所も併設していますので、建設業許可関係を踏まえた社会保険手続を行っています。


【建設許可業者の社会保険未加入について触れた記事】
中建日報 平成24年10月15日
http://www.office-onji.com/pdf/chukennippou.pdf


アーチ広島社会保険労務士法人・遠地経営労務法務事務所 HP
http://www.office-onji.com/

この記事を書いたプロ

遠地謙介

遠地謙介(おんじけんすけ)

遠地謙介プロのその他のコンテンツ

Share