まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
橋口貴志

後見人・遺言・尊厳死など老後のプロ

橋口貴志(はしぐちたかし)

一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり橋口司法書士事務所

コラム

職員のつぶやき「健康長寿のカギは『太もも』」 

こんにちは、事務職員の太田です。
秋を味わう間もなく例年より早い降雪に驚いていますが、
みなさま風邪などひいてはおられませんか?

最近、しばしば耳にする「ロコモティブ症候群」。
この症候群は、骨折や筋肉の衰えなど運動器の障害で、
将来、寝たきりや要介護になるリスクの高い状態になることです。

高齢者に多い大腿骨の付け根に近い部分の骨折の中でも、
股関節の中で折れる内側骨折は、血流が悪いため、治りも悪く、
寝たきりにの生活にすすむ例が多いとされています。

そうならないためにも、太ももを鍛えておくことは重要で、
介護を必要としない生活ができる「健康寿命」を延ばすことにも繋がります。

そこでお薦めしたいのがタイトルに上げた「太ももロコトレ」です。
自宅でできる簡単なトレーニングを3つ紹介しますので
無理のない程度に取り入れてみてください。


①片足で立ち、もう片方の足を前後や左右に大きく踏み出します。
数は気にせず、できる範囲で行い、足を変えます。

②片足を床から10㎝ほど上げ、その姿勢を1分間保ったら足を変えます。
転ばないようにつかまるものがある場所で行ってください。

③腰を上げ下げするスクワット、初めは少し負荷がかかる程度に行ってください。


以上の3例はいずれも硬くなった股関節を柔軟にするものです。

さて、国の調査によると、健康に関心がある人とない人の割合が3対7で、
関心がない人の多いという意外な結果がでています。

筑波大学がその結果を分析してみると、あながち健康に関心がないのではなく、
「知らないから行動できない」でいることがわかりました。
そこで同大学は、健康に関心が薄い人でも
「いつの間にか歩いてしまう町」の仕掛けを開発しています。

例えば、自動車の流入を制限するエリアをつくったり、
シャッター街と化した商店街にかつてのような活気を取り戻し、
地域で買い物ができるようにするなどです。

住み続けたい身近なエリアが楽しければ、いつの間にか歩いてしまい、
引いては、「健康寿命」も伸びることになりそうですね。
そんな街やエリアが各地に増えることを願っています。



(以下は外部サイトへのリンクです。)
▼一般社団法人 人生安心サポートセンター きらり
http://kirarihiroshima.info/

▼一般社団法人人生安心サポートセンターきらりFacebookページ ぜひ「いいね!」をお願いします。
http://www.facebook.com/kirarihiroshima

この記事を書いたプロ

橋口貴志

橋口貴志(はしぐちたかし)

橋口貴志プロのその他のコンテンツ

Share

橋口貴志のソーシャルメディア

facebook
Facebook

橋口貴志プロのその他のコンテンツ