まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
橋口貴志

後見人・遺言・尊厳死など老後のプロ

橋口貴志(はしぐちたかし)

一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり橋口司法書士事務所

橋口貴志プロのご紹介

「老後の問題を解決します」。少子高齢社会に新しい価値観を提案する司法書士・行政書士(1/3)

橋口貴志さん

最期まで自分らしく生きるために―。高齢者を受け入れ、支える「きらり」の誕生

 「現代の超少子高齢化社会では、これまで家族が行ってきた役割を社会が担う必要が出てきました。私たちは、高齢者が安心して最期まで自分らしく生きるためのお手伝いをいたします」と力強く言い切るのは、司法書士・行政書士の橋口貴志さん。老後に直面する後見人、連帯保証人、資産管理、遺言、尊厳死、葬儀…。数十年の長期にわたる生活上の問題をまるごと解決するために、一般社団法人「人生安心サポートセンターきらり」を創設しました。広島市中区基町、広島商工会議所ビル8階にある橋口司法書士事務所の所長をしながら理事長を兼務しています。高齢者に対する総合的なサービスを提供する組織は、一般社団法人としては「きらり」が広島で初といいます。
 橋口さんは2001年、橋口司法書士事務所の開業以来、10年以上成年後見人として高齢者や障がい者の生活を支援し、死亡後の相続手続や遺言執行なども数多く手がけてきました。しかし、そこで成年後見制度の問題点に直面したのです。たとえば、家庭裁判所から法定後見人として橋口さんが選任された場合、本人の入院時や転居時の連帯保証人や身元引受人は別の人に頼まないといけません。また、法定後見人には医療行為に関する同意権がなく、尊厳死を実現することが困難です。本人が亡くなった場合も、法定後見人の権限がなくなるため、葬儀や遺産分割など死後のことを希望通りに実現することはできなくなります。「最後まで責任を持って、ひとりひとりと向き合いたい。もし私が倒れても、私の代わりに高齢者を受け入れて支えていく、信頼できる組織が欲しい」。「きらり」にはそんな強い思いが込められています。

橋口貴志プロのその他のコンテンツ

Share

橋口貴志のソーシャルメディア

facebook
Facebook

橋口貴志プロのその他のコンテンツ