まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
古田昌也

サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

コラム

ぶつからないクルマ?衝突回避と被害軽減ブレーキ。その違いとは?

コラムはじめました。

2015年12月27日 / 2018年2月20日更新

こんにちは 岐阜市の自動車キズ・へこみ・板金塗装修理専門工場
青いカンバンが特徴的なフルタ自動車鈑金(古田板金) 古田昌也 です。

いまや軽自動車から大型トラックにまで装備あるいは、設定されつつある「衝突被害軽減ブレーキ」国土交通省では、大型トラックに衝突被害軽減ブレーキを装備し、衝突速度を20km/h以下に下げると、追突された側の乗員の死亡件数を約9割も減らせると推計している。大型トラックなどにも採用が進めば、たとえば居眠りや飲酒運転により追突された側に死傷者が出るという悲惨な事故も少しは減るかもしれません。

ぶつからいクルマ

さて、まずは大半の人とっては愛車に「衝突被害軽減ブレーキ」を付けるか、付けないかで悩まれると思います。ひと口に「衝突被害軽減ブレーキ」といっても、いろいろな方式があります。各自動車メーカーは多様なタイプを採用しています。今回は日本で初めて、「自動ブレーキ」の「シティ・セーフティ」採用したボルボです。各自動車メーカーの技術者や方式が異なり、「ぶつからない?」などのキーワードなどで一人歩きしているなどの問題点があっても、いまではこれだけ普及しつつあります。

高級車には赤外線レーザー

現在はクルマなどの対象物では4~50km/hで作動し、ルームミラー前方に設置された赤外線レーザーが6m以内にいる前走車の状態を監視しています。ミリ波レーダーも搭載し、最新モデルでは相対速度50km/hまで追突を回避・軽減するまで引き上げられている車種もあります。フロントグリルのレーダー、そしてフロントウインドウのカメラも装備しており、ミリ波レーダー、カメラ、赤外線レーザーを併用し歩行者だけでなく、前を走る自転車も感知しています。

軽自動車用なども安価に装着できる

軽自動車も採用している各自動車メーカーの赤外線で、短距離用のレーザーレーダー(赤外線)を採用し、約5km/h~約30km/hで走行中に前方車両をレーザーレーダーが検知している場合に作動します。歩行者や二輪車は検知しませんが、場合によっては作動する場合もあるみたいです。少々分かりにくいですが速度域によって作動するかしないかが分かれるようです。赤外線レーザーのみなので、歩行者や自転車なども検知するにはカメラよりも不利なのは間違いなく、簡易的なシステムです。

高級車では、カメラとミリ波レーダー(長距離/中距離/短距離用がある)を併用する場合が多く、精度が高いですし価格も高くなります。ミリ波レーダーは、電波を飛ばすため遠くまで測位可能で、高速道路など速度域が高い場合でも機能しやすいですが安全運転が一番大切だと思います。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

古田昌也

古田昌也(ふるたまさや)

古田昌也プロのその他のコンテンツ

Share

古田昌也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也

フルタ自動車鈑金

担当古田昌也(ふるたまさや)

地図・アクセス

古田昌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

古田昌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook